読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ロボットに仕事を奪われるという話は昔から言われてきましたが

ビジネス 社会

別にロボットに限らず、オートメーション化や情報処理能力の向上などで、これまでにも仕事を奪われた事例というのは枚挙に暇がなかったのではないかと思います。
また、産業構造の変化でこれまでに職を失った労働者も多かったはずです。石炭産業や繊維産業などは良い例なのではないでしょうか。

一方で、運輸業のように逆に人手不足に陥っている業種もあります。インターネットの普及でネット小売業が急成長していった結果、貨物の小口化が進み、物流量が増加したことが影響していると思われます。
(参考文献:物流をめぐる状況について国土交通省資料))

これらのことから考えれば、将来的には、ロボットなどに仕事を奪われるというよりは、我が国の労働市場のミスマッチにより、短期的に失業者が増える可能性の方が高いと思います。
もともと我が国の労働市場は硬直化していますし、特に介護サービスなどで顕著ですが、労働者の需要が高い割には賃金が低く抑えられている業種もありますしね。
この業種ごとに硬直化している労働市場流動性を高めること、それがロボット云々以前に我が国の労働市場における一番の課題であろうと思いますね。

石切駅周辺の桜を鑑賞してきました・その2

地元 紀行文

今月上旬に開花した近鉄石切駅周辺の桜を以前に紹介しましたが、ようやく八重桜が開花したので 、再び石切駅周辺を散策してみました。

石切駅の東側、上石切町2丁目にある桜階段。
階段の両側に植えられている桜は全て八重桜で、この時期になるとこのように圧巻の桜並木が出現します。

石切駅西側の道沿いに咲いた八重桜。
この道北側の桜は4月初めに開花しますが、南側は八重桜なので今の時期の開花になります。
この道では二度桜が楽しめます。

石切駅の3・4番ホームから桜を撮影。
このように駅構内からも観桜が可能です。
石切駅生駒山への登山道の起点になっていますし、この時期はハイキングがてら桜を楽しむのもいいのかもしれませんね。

駅ナカのそば屋さんは何となく郷愁を覚えます

鉄道 食事 地元

駅構内や駅に隣接したところにはよくそば屋さんがありますね。
中でも阪急そばは、通っていた大学が阪急沿線にあったため、帰りに小腹が空いた時などによくお世話になりました。
安かったですし、すぐに食べることができましたしね。

就職してからは阪急電車とは縁遠くなりましたが、このようなイベントをやっているのなら行ってみたいですね。
南大阪に住んでいた頃よりは行きやすくなりましたし。
中でも麻婆まぜそばは一度食べてみたいですね。

奇手ではなく正道でもって病には当たりたいですね

社会 健康

あのスティーブ・ジョブズ氏も民間療法に頼って、結局は早過ぎる死を迎えましたし。
生死に関わるために、医療に対する不信が沸き起こるのは仕方がないことだとは思いますが、それでも医師は病気に対するエキスパートなわけですし、まずは医師の意見を素直に聞くことは大切なことだと思います。

まずは正道から始めることは、病気についても同じだと思います。
早道などはないでしょうし。
急がば回れという言葉がありますが、正道は時間がかかるからこそ正道であると思いますね。

借金イコール悪は違うと思います

政治経済 社会

消費者金融には貸出の総量規制がある一方で、銀行をはじめとする金融機関にはないというのは不公平だとは思いますが、メディアによく見られる借金イコール悪という論調についてはちょっと違うのではないかと思っています。
例えば、住宅や自家用車、教育に関する借入などというものは、個人が生活を営む上でも有益なものだと思います。
借入を利子というコストを払って手持資金のミスマッチを解消する行為と考えれば、必ずしも悪とは考えることはできないと思います。
この借金イコール悪という発想は、貴穀賎金に見られる江戸時代以来の金銭に対する考え方が影響しているのかなと思いますね。

ここまで貨幣経済が浸透し、個人資産も増加した我が国の経済においては、資金調達や資産運用についての教育も必要になっているのではないかと思います。
リスクが発生することに蓋をしたり遠ざけようとすることは、我が国の社会の悪弊の一つだと個人的には考えていますが、借金についてのことや資産運用についても逃げずに正面から向き合う努力も今の時代は必要だと思います。
臭いものには蓋ではなく、リスクに対して正面から立ち向かうことは、今の我が国に求められているのではないかと思いますね。

知らない人が真似をしないためにも周知は必要ですね

テレビ ネット 音楽

普段、金管楽器を演奏する人はプロの音楽家や吹奏楽に携わる人以外はほとんどいないでしょうから、このCMが制作された時には危険性は認識されていなかったと思います。
ただ、知らない人がCMを見て真似をしないためにも、このように周知をすることは必要だと思います。
そういう意味では、このようにTwitterなどで周知ができる環境が整っていることは素晴らしいことだと思います。

一つ気がかりがあるとすれば、このCMの失敗を叩くことで、制作をする側が萎縮することですね。
失敗は誰にでもあることですし、そのこと自体を叩くのではなく、指摘をして再発を防ぐようにすることが肝要だと思います。
前向きに話が進めばいいと思いますね。

サービス残業をえぐり出すノウハウを蓄積する必要がありますね

ビジネス 社会 健康

残業の総量規制よりも、サービス残業を規制する、あるいはサービス残業を放置する企業を厳しく指弾することの方が大切ではないかと思います。
残業をつけさせないこと自体が悪質ですしね。

現代では、パソコンへのアクセス記録や防犯カメラに映る従業員などを見て、タイムカードとの差異を追及することが可能になっていますしね。
このようなサービス残業をえぐり出すノウハウを蓄積することは、とても必要なことだと思います。

新しいものに対するワクワク感があるのでネットに対する興味は尽きないですね

ネット

マストドン、早速アカウントを取ってみました。
まだ、海の物とも山の物ともつかないですが、何か新しいものを生み出すのではないかというワクワク感はありますね。

そういえば、Macにフリーアプリをインストールしてインターネットに接続し、ブラウザでウェブサイトを初めて見た時もそうでした。
HTMLと格闘して、自前でウェブサイトを作った時もそうでした。
また、検索エンジンGoogleにアクセスして、検索の速さを目の当たりにした時もそうでしたし、TwitterMixiのアカウント登録をした時もそうでした。

インターネットで新しい技術に触れると、今でもワクワク感があります。
それは、何か新しいものを生み出すかもしれないという期待感に通じるのかもしれません。
そういうことを感じている間は、まだまだインターネットとその周辺から、様々なことを学べるのではないかと思っています。
大げさですが、生きる上で好奇心を刺激する大切なものの一つであると、個人的には考えていますね。

肉と飲み放題とはうらやましい限りです

食事

肉も酒も大好物なので、肉を肴に飲み放題というのは、個人的にはうらやましい限りです。
大阪にも同じような店が無いかなと思ったり。

以前東京を旅した時に、肉の万世で夕飯を食べたのですが、とても美味しかったです。
この飲み放題メニューがある間に、また食べに行きたいですね。

どこの企業でも起こりうる話ですね

ビジネス 社会

たまたま委託した会社の社員がやらかしたのでヤマト運輸の名前が出ましたが、これは働き手のモラルの問題なので、どこの企業でも起こりうる話だと思います。
モラルというか常識や想像力の問題でしょう。
普通に考えれば、このようなことはやらないと思います。

結局は相手がどう思うかという一言に尽きるかなと思います。
これは仕事に限らず、プライベートにも言えることかもしれないですね。