読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

大阪都心の「ローカル線」汐見橋線に乗ってきました

なにわ筋線の建設計画から外れたことで、廃線が必至となった汐見橋線を見に行ってきました。
汐見橋線とは南海汐見橋駅から岸里玉出駅間の通称で、正式には南海高野線の一部です。
もともとは南海高野線の前身の高野鉄道によって大阪都心への乗り入れ路線として敷設され、当時の長野駅(現河内長野駅)、後には終点の極楽橋までを結んでいました。
近年まで高野線と直結していましたが、南海線の連続立体交差事業の進行により昭和60年に分断され、現在の汐見橋線の形態となりました。

まずは起点の汐見橋駅へ。
横には、平成21年に開業した阪神なんば線桜川駅が。

駅構内にあった古い案内板は撤去されていました。
なかなか味があったのですが。

かつては貨物輸送の拠点で広い貨物ヤードがありましたが、今は島式ホームが一つのみ。
ちょうど電車が到着していたので、早速乗り込みました。

路線は都会の中をぬって行く感じでした。
乗客がまばらな車内と窓の外にひしめく住宅や工場とのコントラストが印象的でした。
途中の駅もレトロな感じで、昔の南海高野線の駅を思い出し、とても懐かしく感じました。

10分ほど岸里玉出駅に到着。

運行は30分間隔でした。
始発駅と終着駅でそれぞれ5分ずつ停車、走行は往復で20分ということで、路線は2両1編成のみで運行されてるようです。

岸里玉出駅汐見橋線ホーム。
単式1面1線の小さなホームでした。
この汐見橋線の扱いから見ても、本気で汐見橋線からなにわ筋線に接続しようとしてたのかは非常に疑問ですね。
まあ、当初から岸里玉出駅を通過駅として考えていたのかもしれませんが。
汐見橋駅までの途中の駅も廃止しようとしていたのかもしれませんね。

前述した通り、なにわ筋線へのアクセス路線の予定があったために残っていたような路線でしたが、今回のなにわ筋線のルート決定により、正式にアクセス路線から外れることになりました。
おそらくは廃線になるのは必至だと思われます。
大阪都心を走る「ローカル線」といった風情がある路線ではありますが、平成5年に廃止された天王寺支線の例もありますしね。
寂しいですが、時代の流れといえるかもしれません。

動物園の存在意義について考えさせられた記事でした

動物園の存在意義について考えさせられた記事でした。
旭山動物園へは随分前に一度だけ行ったことがありますが、動物との距離がとても近い動物園という印象を受けました。
今では、私の地元大阪の天王寺動物園でも様々な工夫がされていますが、新たな動物園のあり方としては、旭山動物園が先駆けだったような気がします。

ここ数年、動物園によく行くようになって感じるのは、別に珍しい動物がいなくても、動物園そのものはとても楽しめる施設だということですね。
目玉になる動物を大々的に宣伝しているところもありますが、生き死にも含めて、ただ動物を見ているだけで感じることは多いですし、また、学ぶことも多いです。
もっと、多くの人々が動物園を訪れるようになればいいと思います。

千日前の小洞天で昔風の塩ラーメンを食べてきました

大阪市内で呑んだ後、少し早かったのと久々にラーメンが食べたいと思い、千日前界隈へ。
大阪では珍しい塩ラーメンの店があったので、入ってみました。

https://miil.me/p/ajmbw

今回はオーソドックスに大盛りでないラーメンを。
価格は650円とお安い感じでした。
昔風の塩ラーメンで、とても美味しくいただけました。

https://miil.me/p/ajmi2

平日でしたが、ラーメンと足すとちょうど1,000円になるので、ついでに餃子も注文。
小ぶりの餃子でしたが、こちらも普通に美味しかったです。

この千日前界隈も含む大阪ミナミはラーメンの激戦地ですが、その中で奇をてらわずにオーソドックスなラーメンを提供しているのは好感を覚えました。
呑んだ後の締めのラーメンとしても、お腹に優しくていいかもしれません。
今度行った時には大盛りを注文してみようかなと思いました。

小洞天

関連ランキング:餃子 | 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

精神疾患と見るか努力で解決できるかの見極めは大切でしょうか

個人的にはあるあると思う項目がありました。
まあ、食事はメタボ予備軍になりかねないほどしっかりととっているので、まだマシともいえるかもしれませんが。

ただ、これらの項目について、精神疾患が原因で起こっているのか、努力によって解消できるものなのかによって、対応は変わると思います。
また、個人的な性格からなかなか踏み切れないものもあるでしょうし。
これらの見極めは大切だと思いますね。

公訴時効について考えさせられる話でした

今回の逮捕では、そういえば時効はどうなったのだろうという疑問を持ったのですが、上記のブログ記事を読ませてもらったら、時効停止の効力が及んだ珍しい事例だったようです。
海外に逃亡した場合に時効停止の効力が及ぶ話は聞いたことがあったのですが、このような場合でも時効停止の効力が及ぶということで、とても勉強になりました。

まあ、7年前に殺人罪などの公訴時効が廃止されていますので、上記のような事例は今では珍しくなっているとは思いますが。
刑事法上の時効である公訴時効だけではなく、民事法上の時効もあり、後者は我々にも深く関わってきますので、時効についてやその効力、期間について覚えておくのも良いのではないかと思いますね。

しばらくビールは様子見かなと思います

ビールはもっぱら居酒屋で飲むことが多く、家ではビールよりも焼酎なのですが。
ビール価格が上がるのなら、家でビールを飲むことはより少なくなるかなと思います。
もともと、発泡酒第3のビールを日々飲むよりは、普通のビールをたまに飲む傾向にはしていましたしね。

ただ、酒を愛好する身としては、煙草だけではなく、いよいよ酒も政争の具になってきたのかなというのが実感です。
いずれは酒のように、世間で毛嫌いされるようになるのかなと不安にも感じています。
かつてアメリカで施行された禁酒法が再現されるのも、笑い話でなくなってきたかなとも思いますね。

阪急だけではなく他の鉄道会社でもやって欲しいと思います

このネスカフェスタンドですが、阪急の駅で見かけた時にとてもいいなと思いました。
最近は、コンビニでコーヒーの店頭販売が行われるようになりましたが、通勤通学の途上でコーヒーなどで一息つくのも需要はあると思いますしね。
阪急沿線の人たちが羨ましいですね。

そんなわけで、他の鉄道会社も見習ってくれればと個人的には思います。
まあ、客層の違いはあるかもしれませんが、試験的にやってみるのも一つの方法ですし。
駅ナカの売店をコンビニにする動きはどこの鉄道でも行われていますが、他にも駅ナカには商機はあるでしょうし。
そういう意味では、他にもあっと言わせるようなことを阪急以外にもやってもらえればとは思いますね。

なにわ筋線に新設される駅が決まったようです

大方の予想通り、必要最小限の新駅設置になるようです。
JRと南海の南側の入口となるJR難波駅と南海新難波駅
JRと南海が合流する西本町駅
京阪中之島線と接続する中之島駅
そして現在、はるかやくろしおといった特急停車駅として建設が進められている北梅田駅。
それぞれ必要とされるであろう場所にうまくまとめたなと、素人ながら感じました。

南海は難波駅とは別に新難波駅を設置するようです。
ルート的には阪神高速環状線の直下に地下駅が造られるのだろうかと。
問題はどこから地下に入るかですね。
それによって、高野線からなにわ筋線への接続や、今宮戎駅の取り扱いなどが変わってくるのかなと思います。

読売新聞など複数のメディアが報道しているので、なにわ筋線のルートは難波ルートで確定したということですね。
以前にも書きましたが、汐見橋線廃線は時期だけの問題になったかなと思います。
公式発表はまだありませんが。
それまでには汐見橋線に一度は乗ってみたいと思います。

著作権使用料を請求する明確な線引きは公表されるべきだと思います

疑わしきは全て請求するという姿勢のようですね。
以前の日記でも書きましたが、著作権者に正当な報酬が入ることは大切なことだと思いますが、使用料の徴収を厳格にする余りに、音楽が自由に活用できなくなるのは社会的損失と言っても良いと思います。

また、このような姿勢を取ることで、著作権使用料の徴収が恣意的、不公平さを伴う危険性はあると思います。
請求する明確な線引きを公表し、大多数の人々が納得できる基準を提示することは、徴収する側の義務だと思いますけどね。

大阪市高速電気軌道、始動

民営化が決まった大阪市営地下鉄ですが、継承会社の社名が決まったようです。
大阪市高速電気軌道とは、なかなか古風な名称ですね。
ただ、大阪市という名称にしたことで、大阪市内の地下鉄整備に限定される印象が出るのは、少し残念かなと思います。
まあ、東京メトロのように、別で愛称が決まるとは思いますが。

個人的には、マルコマークなどと呼ばれた大阪市交通局のあのマークが無くなるようなのが残念ですね。
生まれてこの方、ずっと親しんできたマークだったので。
ただ一方で、新しいマークで心機一転を図るのも大切だとも思っています。

来年4月からの民営化ということで、少なくとも今年中には概要がはっきりするとは思います。
これからの情報についても要注目ですね。