読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

月ヶ瀬梅林を観に行ってきました

紀行文

開花情報ではまだ5分咲きという話だったのですが、次の3連休は人出がすごくなると思い、今朝から行ってきました。

奈良市東部にある月ヶ瀬梅林へ行くには様々なルートがありますが、今回は近鉄奈良駅からバスに乗り、柳生を経由して月ヶ瀬へ。
朝早くに着いたのですが、すでに多くの人が梅林を鑑賞していました。

月ヶ瀬梅林は、名張川にある高山ダムのダム湖の周囲に数多くの梅林が植えられています。
今回は、一目八景と呼ばれる地点から見物しましたが、眼下に広がるダム湖と周囲を埋めつくす梅林が絶景でした。

白梅や紅梅が数多く見られましたが、中には黄梅もありました。
香りが強く、水仙を思わせました。

名張川にかかる月ヶ瀬橋を中心に、周囲の集落も撮影してみました。
江戸時代は西の柳生藩と津藩の伊賀支配の拠点である上野を結ぶ中継点だったので、街道沿いも栄えていたのだろうと思います。
今は南を通る名阪国道が幹線となっているので静かなものですが。
往時の賑わいを想像しながら渓谷を眺めていました。

脅して規制するよりも前向きな「道具」の使い方を指南すべきかと

モバイル ネット 健康

非常に真っ当な記事だと思いました。
ゲーム脳などにも言えることですが、欲望のメカニズムを無視して、ただ規制して蓋をするというやり方自体が愚の骨頂だと思います。
肝心なのは、欲望そのものが本当に人にとって有害なのか、仮に有害であるとしたら、どのようにしてその欲望を他のもので充足させるかというところにあると思うんですけどね。

脅して規制し欲望を封じ込めるよりも、前向きな「道具」の使い方を指南する方が、より社会にとって有益であると思うのですが。
そのように考えが向かないことを非常に残念に思います。
もっとも、新しいものを有害なものと信じて疑わない人々が、有害であるという研究結果を奇貨として、封じ込めの動きをしているのかもしれませんが。
テレビしかりゲームしかり、歴史は繰り返すということかもしれませんね。

特需も良し悪しですね

ビジネス 社会

特需と言えば、大儲けの代名詞のようなイメージがありますが、その後のことを考えると必ずしも良いことばかりでもない気はします。
特需のおかげで得意先向けの対応が出来ずに得意先が離れたり、売上の落差が大きすぎて資金繰りが対応出来なかったりなどと言ったことも起こりえますし。
もっとも、これらはメディアで大々的に取り上げられた飲食店などにも言えることですが。

特需への対応は、他の同業他社と組んでリスクヘッジを行なうことが肝要なのかもしれません。
ハイリスクハイリターンは、ハイリスクだからこそハイリターンであるというイメージがありますが、ハイリターンだからこそハイリスクであるとも言えますし。
短期的な利益だけではなく、長期的な経営への影響も見極める必要があるのかもしれませんね。

間に駅が必要なのかなとは思います

鉄道

東海道新幹線は新大阪から京都までノンストップなのですが、北陸新幹線はその間に駅を作るという話だそうで、果たして間に駅が必要なのかなとは思います。
小浜・京都ルートを選択したことに対する京都への配慮はあるのかもしれませんけどね。

ただ、速達タイプの列車は通過させるべきだと思います。全ての列車を停車させるのは北陸へのアクセス時間が長くなるだけでメリットがありませんし。
ここは時間を追求して欲しいと思いますね。

需要が高まれば価格が上がるのは真っ当なことですね

ビジネス

佐川の事例があるのでヤマトの思い通りに行くかどうかは分かりませんが、業界最大手の宅配業者なので、アマゾンも無下には出来ないとは思います。

今回の事例は、いかにネット販売が隆盛を極めたとしても、実際には人の手で運ばれるというアナログな部分は切り捨てることは出来ないということを再認識させたものだと思います。
ネットを利用して事業を行なう場合は、そのアナログな面を軽視しないことが肝要になるのではないかと思います。
まあ、このアナログな部分にもいずれは革命がもたらされるのかもしれませんが。

天王寺公園を散策してきました

地元

お昼を食べに上本町に出てきていたので、そのまま天王寺へ遊びに行ってきました。
上本町から天王寺へは、100円で乗車できるシャトルバスがあるので、とても便利です。

動物園も捨て難かったのですが、今回は天王寺公園を散策してきました。
はじめに大阪市立美術館があるエリアを散策。
大阪では珍しい重厚な建造物です。

美術館から新世界方面。
通天閣もばっちり見えます。
通天閣界隈も以前のような泥臭さが無くなってきた気も。

てんしばでは勢関と錦木関がトーク
そう言えば、そろそろ春の大阪場所ですね。
何となく春を感じさせられました。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章「嚆矢編」

アニメ 映画

ネタバレを含むかもしれませんので、未見の方はスルーした方がいいかもしれません。

前回の星巡る方舟の放映から2年。
ようやくヤマトの続編が放映開始。
白色彗星のテーマにのって、初めからガトランティスの本拠地が登場するのには驚きましたが、とてもインパクトがあって良かったです。

地球については、わずか3年であの状態からここまで復興できるのかとは思いましたが、郊外が荒野として描かれていましたし、ピンポイントで復興した感じですね。
これならば、まだリアリティがあるかなとは思いました。

復興と共に進められている軍備増強と、それに対して疑問を持つ元ヤマトクルーの面々。
この辺りはこれからの「航海」の伏線だとは思います。
そこに、これからガミラスがどう関わってくるかは気になるところですね。

次は6月。
また、レイトショーで楽しもうかなと思っています。

なぜ蘇我蝦夷の名前が出てきたのかと思ったのですが

歴史

なぜ蘇我蝦夷の名前が出てきたのかと思ったのですが、日本書紀の記述が元になってるんですね。
確かに小山田古墳は蘇我氏の本拠地があった甘樫丘に近いですし、菖蒲池古墳の存在を考えれば、蘇我蝦夷の墓とも考えれるとは思います。

ただ、そうだとしたら、なぜ小山田古墳だけが破壊されたのかという謎は残りますが。
今後の発見が待たれるというところでしょうか?

大阪府下3店舗目のららぽーとは堺市東部に

地元 ビジネス

和泉、エキスポシティに続いて大阪府下では3店舗目のららぽーとです。
堺市と記事には載っていますが、場所は堺市東部の美原区なので、実際は松原や羽曳野の近くですね。

堺市美原区は、かつては南河内郡美原町だったところで、平成17年に堺市に編入され、平成18年に堺市政令指定都市に移行した際に旧美原町の町域が1つの行政区となっています。
人口は4万人弱と、政令指定都市の行政区としては少なく、大阪都心の近くとしては珍しく田園風景が広がるところですが、高速道路の阪和自動車道と南阪奈道路が通り、また、国道309号線や府道36号線(泉大津美原線)などの主要幹線が通る交通の要衝で、自動車での来店客を呼び込みやすい場所ではあると思います。

美原区役所周辺の地図です。
美原区役所本館が国道309号線の西側にあり、反対の東側に区役所の別館があります。ららぽーとは、その別館の北側にできるようです。
既に飲食店が軒を連ねていますし、広さがどの程度になるかが気になります。

また、建物の高さも気になりますね。
毎年8月に行なわれるPL花火芸術の鑑賞には格好の場所になりそうですし。
5年ほど先の話ですが、今から楽しみです。