やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

テレビ

果たして吉本興業で法務部門が機能していたのかとは思いますね

吉本芸人の反社会的勢力への直営業の問題については先月の記事でも書きましたが、その後の展開や芸能関係者の発言を見ていると、果たして吉本興業で法務部門が機能していたのかと疑問に思いました。取引において相手が反社会的勢力かどうかを見極めるのは非…

興業のスタイルを変える時期なんでしょうね

吉本興業自体が大手企業ですし、NHKや国、地方公共団体との仕事が増えているので、コンプライアンス(法令遵守)には特に気を配らないといけませんしね。 虚偽の申告もありましたし、厳しく対処しなければいけないのは当然でしょう。もともとの経緯で、興…

受信料を払っているのにNHKオンデマンドが別料金なのは納得いかないですね

ネットでもリアルタイムで見ることができるようになるのは良いことだとは思います。 ただ、本来ネットでの視聴の主な目的は後追い視聴だと思いますが、それが可能なNHKオンデマンドが受信料とは別料金なのは納得がいかないですね。 NHKのお客様番号など、識…

メディアへの取り上げられ方に各党が敏感になっている証左なのかもしれません

特定の報道の仕方について、政党側が問題視したもののようです。 ただ、これは政治によるメディアへの圧力にならないのかなとは思います。 まあ、政権与党の発言でなければ圧力にはならないと、野党自身が考えているのかもしれませんが。個人的には、放送法…

これでワンセグもオワコンになると思いますね

これでワンセグはオワコンになると個人的には思います。 まあ、もともとiPhoneには標準でワンセグの機能は搭載されていませんし、個人的には関係ないとは思いますが。ただ、これでネット配信が加速するだろうと思います。 タイムシフトも可能ですし、普通に…

安彦版ガンダムを今から楽しみにしています

これは見てみたいですね。 映画で公開された時に見ようとは思っていましたが、結婚後でなかなか1人で見に行く時間が取れなかったので、結局見損ねていました。 THE ORIGINで楽しみにしているのは、ガンダム本編の前史であることもさることながら、安彦良和…

NHKと吉本芸人

ニュースやドキュメンタリーをよく観るので、NHKを視聴することは多いですが、たまにバラエティなどを観ると吉本芸人の出演が多いと思います。 そこでお堅いイメージのNHKとのギャップが発生しているのかなと個人的には思います。もちろんそれが悪いことだと…

賢者は歴史から学び愚者は歴史物から学ぶですか

歴史物、すなわち歴史小説や歴史マンガ、あるいは大河ドラマなどから歴史に興味を持つのは良いことだと思います。 特になかなかスポットが当てられない歴史上の人物に触れるとかですね。 個人的には、大河ドラマで独眼竜政宗や毛利元就などを観なければ、こ…

NHK正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」をようやく観ました

元日に放送されたNHK正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇(らんがくれぼりゅうしへん) 〜」をようやく観ました。 あの三谷幸喜氏が脚本で、キャストも一昨年の大河ドラマ「真田丸」で馴染みの面々ということで、昨年の発表以来とても楽しみにしていました。…

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完結

最後まで観ていました 今年の大河ドラマも、昨日ようやく完結しました。 一応、最後まで観ていましたが、観終わった感想としては、前作のプレッシャーは凄かっただろうなというところですね。 真田丸があまりにも面白かったので、なかなかハードルを下げて観…

テレビ東京だからこそできるのかもしれないですね

調査報道というものでしょうか。久々に良い番組を見させてもらったと思いました。 このような報道こそ、マスメディアに担ってほしいんですけどね。 ただ、このような番組はテレビ東京だからこそ制作できるのかなとは思います。 もともと、日本経済新聞社と関…

公共財に準じたフリーライダー対策が必要でしょうね

受信料を払わないからNHKが見られなくなるということが無いので、どうしてもフリーライダーが発生する余地がありますしね。 NHKの受信料については契約そのものが曖昧なことがありましたので、司法の決定により契約が明確化されるのは歓迎すべきことだと思い…

NHK正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」

8月に発表されてからもう3ヶ月近く経ちましたが、いつの間にか専用のサイトができていたり、キャストが結構決まっていたりしていたので、備忘録代わりにまとめてみました。 三谷さんが関わっているだけに、真田丸とデジャヴを感じるのは、まあ、ご愛敬とい…

名前は子供が親しめることが重要だと思います

この初耳学は私も観ていました。 東大云々については様々な意見があると思いますが、林先生がイチロー選手の名前を出して「わざわざ名前で独自性を出す必要はない」と話をしたことについてはその通りだと思いました。 名前から始まるのではなく、自分自身が…

SNSやネットメディアを利用するのは今時かなと思いました

先に公式ファンサイト「新しい地図」の公表がありましたし、動きが早いなとは思いました。 まあ、実際に始まるのは再来月からのようですが。 ただ、SNSやネットメディアを利用するのは、今時の動きかなと思います。 しがらみが多そうなテレビなどの既存メデ…

いきなり「風雲児たち」の実写化が実現するとは思っていませんでした

いきなり実写化するという話を聞いて驚きました。 みなもと太郎氏の風雲児たちは、個人的に日本史を苦手としている人にこそ読んでほしいと思っていて、アニメ化されると面白いとも思っていたのですけどね。 ただ、脚本があの風雲児たちフリークの三谷幸喜氏…

公共財に準じた対応が現実的ではないかと思うんですけどね

個人的には、現にNHKの番組を色々と観ているので、受信料を支払うことは当たり前だと思っています。 ただ、受信料を払わないフリーライダー(ただ乗り)に対する不公平感があるのも事実なわけで、これは今回のような網をかけるという対策だけでは単なる弥縫…

こう言う「お遊び」があるからバラエティの長寿番組たりえるかと

実にナイトスクープらしい話だと思いました。 視聴者に出演してもらう番組というナイトスクープだからこそ実現できる話ですね。 こういう「お遊び」があるからこそ、バラエティの長寿番組たりえるかと思います。 何はともあれ、ドイツ人夫婦の夢がかなって良…

知らない人が真似をしないためにも周知は必要ですね

普段、金管楽器を演奏する人はプロの音楽家や吹奏楽に携わる人以外はほとんどいないでしょうから、このCMが制作された時には危険性は認識されていなかったと思います。 ただ、知らない人がCMを見て真似をしないためにも、このように周知をすることは必要だと…

なぜNHKで放送されるのかとは思いました

NHKで制作されたアニメではなく、民放で放送されたアニメをNHKで再放送するのは何故だろうとは思いました。 まあ、NHKには日常を放送した実績がありますし、BSでの放送でもあるので驚きは少なかったですが。 京都アニメーションが制作した新作アニメ番組をNH…

全部がダメだとは言いませんけどね

子供の頃はバラエティーと言えば8チャンネルでしたが、確かに最近はあまり観ないですね。 ただ、全く観ないわけではなくて、例えば「ワイドナショー」は面白いのでよく観ています。 まあ、テレビ局で選ぶのではなく、番組自体が面白いかどうかという基準で観…

競争相手も多くなってますしね

後発組が無料で提供したりしていますしね。 プレミアム会員という有料サービスに、これまで以上のインセンティブが働かなければ、ニコニコ動画も厳しい状況に追い込まれるのではないかと思います。 動画配信も後発組が増えていますが、テレビなどの既存メデ…

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」

井伊家の背景がよく分かる導入部でした 駿府はともかく、井伊谷(いいのや)や井伊家のルーツなどはほとんど知らなかったのですが、地図が明示されたり、織り交ぜられたエピソードでの説明もあり、とても分かりやすかったです。 当時の大名の勢力や位置関係…

真田丸最終回「  」

脱兎のごとく逃げ回る家康や秀忠 ついに最終回。 真田幸村や毛利勝永の戦いぶりが堪能できたのも良かったのですが、何と言っても豊臣方の猛攻に脱兎のごとく逃げ回る家康や秀忠が見れたので満足です。 本当に溜飲が下がりました。 情報の錯綜や不信感の連鎖…

真田丸第49回「前夜」

史実の狭間に真田兄弟の語らいを入れたのはいい演出だと思いました 言外の幸村の決意を読み取り、幸村を止めるために大坂へ向かう信之。現地で、たまたま大御所家康の命で再び調略に向かう叔父信尹と合流し、幸村の元へ向かいます。 幸村に対して、信之や信…

真田丸第48回「引鉄」

幸村と家康の心理戦 序盤は幸村と家康の裏のかきあいに終始。 内通者や忍者、さらには影武者まで、幸村と家康の知恵を絞った神経戦が緊迫感が出ていて面白かったです。 まあ、大昔のねるとんみたいなごめんなさいの瞬殺や襲撃の失敗など、佐助にとっては踏ん…

真田丸第47回「反撃」

もし豊臣が西国の一大名として存続していたらと考えると 徳川方が放った砲撃により、一転して和睦の道を選んだ淀。これにより和睦が前進します。 その中にあってもしぶとく条件闘争を続ける幸村が、秀頼ではありませんがすごいなあと思いました。 その条件闘…

真田丸第46回「砲弾」

久々の登場、一人目 真田丸の戦いで徳川方を叩きのめし、意気が上がる豊臣方。 おかげで家康の血圧は上がる一方ですが、ここはやはり力押しは一旦置いておいて搦め手で行くことに。 そこで幸村調略の切り札で登場したのが久々の信尹叔父さん。10万石を手土産…

真田丸第45回「完封」

内通者は誰だ? 豊臣方と徳川方、双方が布陣し、早速大坂冬の陣の戦端が切って落とされます。 次々に徳川方に攻められる状況に、毛利勝永が不審を抱き、幸村に内通者の可能性を告げます。 そこで幸村が鎌をかけます。 個人的に、内通者は「あの御仁」だと思…

真田丸第44回「築城」

不信と裏切りが渦巻く大坂方 淀殿の一言で籠城策に決まった大坂方。 その後も豊臣家中と牢人たちとの意見対立が続きます。 ただ、これまでに様々なドラマで描かれた大坂の陣と異なるのは、豊臣譜代の大野治長たちと牢人たちとの対立ではなく、豊臣家中の中で…