やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

テレビ

真田丸第48回「引鉄」

幸村と家康の心理戦 序盤は幸村と家康の裏のかきあいに終始。 内通者や忍者、さらには影武者まで、幸村と家康の知恵を絞った神経戦が緊迫感が出ていて面白かったです。 まあ、大昔のねるとんみたいなごめんなさいの瞬殺や襲撃の失敗など、佐助にとっては踏ん…

真田丸第47回「反撃」

もし豊臣が西国の一大名として存続していたらと考えると 徳川方が放った砲撃により、一転して和睦の道を選んだ淀。これにより和睦が前進します。 その中にあってもしぶとく条件闘争を続ける幸村が、秀頼ではありませんがすごいなあと思いました。 その条件闘…

真田丸第46回「砲弾」

久々の登場、一人目 真田丸の戦いで徳川方を叩きのめし、意気が上がる豊臣方。 おかげで家康の血圧は上がる一方ですが、ここはやはり力押しは一旦置いておいて搦め手で行くことに。 そこで幸村調略の切り札で登場したのが久々の信尹叔父さん。10万石を手土産…

真田丸第45回「完封」

内通者は誰だ? 豊臣方と徳川方、双方が布陣し、早速大坂冬の陣の戦端が切って落とされます。 次々に徳川方に攻められる状況に、毛利勝永が不審を抱き、幸村に内通者の可能性を告げます。 そこで幸村が鎌をかけます。 個人的に、内通者は「あの御仁」だと思…

真田丸第44回「築城」

不信と裏切りが渦巻く大坂方 淀殿の一言で籠城策に決まった大坂方。 その後も豊臣家中と牢人たちとの意見対立が続きます。 ただ、これまでに様々なドラマで描かれた大坂の陣と異なるのは、豊臣譜代の大野治長たちと牢人たちとの対立ではなく、豊臣家中の中で…

真田丸第43回「軍議」

大阪方の中で孤軍奮闘する幸村 大坂城五人衆が固まったところで、いよいよ軍議へ。 大勢が籠城策を唱える中で、幸村は亡き父が言い遺した先制攻撃を主張。 途中で軍議を退座したりと、自分の策を通すために色々とはったりを利かせ始めます。 しかし、毛利勝…

真田丸第42回「味方」

大坂城五人衆というかドリフターズというか 大坂城に入城した幸村を待ち受けていたのは、愉快な牢人たちでした。 天下一品のこってりラーメンよりも濃厚なキャラで、この物語終盤の段階でどれだけ濃い新キャラを出してくるのかと思いました。 しかも、メンタ…

真田丸第41回「入城」

幸村、大坂入城への道 前回で覚悟を決めた幸村はいよいよ大坂入城に取り掛かることに。 大坂城に牢人たちが集まっているために、幸村の周辺も監視が厳しくなりましたが、一計を案じた幸村の方が上手でした。 脱出行は緊迫感がありましたが、九度山の村長長兵…

真田丸第40回「幸村」

悲哀の人片桐且元 前回の引きで登場したので、明石全登が信繁を九度山から連れ出すのかと思っていたのですが、更に片桐且元も登場。 そこで聞かされる豊臣氏の動向。昌幸が亡くなってから年月が経っているのと紀州の山奥という地理的状況もあってか、信繁に…

真田丸第39回「歳月」

閑話休題な回といったところですね 昌幸パパが亡くなった後も続く、信繁ファミリーの九度山での生活がいろいろと。 閑話休題な回ですね。 息子との接し方に悩む父親像は牧歌的な話だと思ったのですが、子供を相手に囲碁でコテンパンに叩きのめすお爺さんや、…

真田丸第38回「昌幸」

希望と絶望の繰り返しがコミカルに 昌幸の幽閉から死までが一気に進んだ回でした。 一気に進みましたが、昌幸の一縷の望みと絶望、そして無念の死が凝縮されて、とても印象に残る昌幸退場回でした。 ただ暗い話を続けるだけではなく、家康と秀忠、そして本多…

真田丸第37回「信之」

助命嘆願の際の本多忠勝が想定外でした 関ヶ原の戦いで天下の趨勢が決し、真田昌幸・信繁親子は窮地に立たされます。 そこでいよいよ信幸の助命嘆願へ。 舅の本多忠勝がこれに加勢することは知っていたのですが、忠勝が主君の徳川家康にあそこまで言うのは想…

真田丸第36回「勝負」

稲と三十郎はうまく繋げたと思いました 第二次上田合戦に至るまでで気になっていたのは、合戦前の稲のエピソードや矢沢三十郎がどうやって信幸の下に付くのを三谷さんがどのように描くのかという所でしたが。 稲については、細川ガラシャの事件を機に沼田城…

真田丸第35回「犬伏」

ついに三成のために動く大谷吉継 徳川家康への敵視を続ける三成を、事あるごとに諫めてきた大谷吉継が、ここに来てようやく三成と同心することに。 そして始まったメール作戦。 実際にこのメールによって、西軍に味方する大名がかなり増えましたしね。大谷吉…

真田丸第34回「挙兵」

七将襲撃事件と三成 家康襲撃に失敗した三成。 その後も徳川方についた諸将との対立が続きますが、前田利家の死去に伴い、ついに七将襲撃事件が勃発。 自邸を退去する際に文書を気にする三成が、実に彼らしいと思いました。 事件は、大河にありがちな三成が…

真田丸第32回「応酬」

やはり生き延びた模様 前回の終わりで瀕死の状態だった昌相ですが、何とか一命は取り留めた模様。 まあ、あの「死を呼ぶナレーション」もなかったですし。 次の再登場は関ヶ原でしょうか? 一対九、圧倒的な家康 秀吉の死後、遺言で五人の老衆と五人の奉行衆…

真田丸第31回「終焉」

秀吉を巡る遺言争奪合戦 秀吉が死に向かう中で、秀吉死後は老衆(五大老)と奉行衆(五奉行)の合議で決める旨が定められましたが、自身の行動が掣肘されることに危機感を抱いた家康が、有利な遺言を得るために伏見城へ向かい、無事に新たな遺言を得ることに…

真田丸第30回「黄昏」

老いに蝕まれる秀吉と懸命に支える信繁 今回はこの一話で秀吉が一気に老いたのが印象的でした。 老いた秀吉はこれまでも様々な大河ドラマで描かれていますが、今回は一話の中で一気に老いさせることで、どんな人間も老いに勝つことは出来ないのだということ…

真田丸第29回「異変」

老いた秀吉に振り回される周囲 いよいよ、あの秀吉にも老いの影が。 認知症を患ったかのような秀吉の様子もリアリティがあったのですが、その秀吉に振り回される三成や信繁、そして家康を見ているとさすがに笑えないなと思いました。 この秀吉の老いによる豊…

真田丸第28回「受難」

すれ違う太閤と関白 叔父である太閤秀吉の影に押し潰されたのか、関白秀次がついに聚楽第を出奔。 何とか間を取り持とうと奔走する信繁ですが、事態はどんどん悪化していきます。 客観的に見れば、秀次が素直に詫びを入れれば丸く収まったのだろうと思います…

真田丸第27回「不信」

秀吉と秀次の間の不信の連鎖 拾のために秀次に頑張ってもらいたい秀吉と、その拾の存在のために疑心暗鬼に陥っていく秀次。秀吉の考えがことごとく裏目に出て、両者の間に不信の連鎖が続く様は、観ていて切なかったですね。 信幸・信繁兄弟の叙任の件でそれ…

国に徴収代行してもらう方が楽な気が

独自の徴収員を使ってもなかなか徴収率は上がらないようですし、電波使用料に準じた形で国に徴収代行してもらう方が楽な気がします。国税徴収法の滞納処分を適用すれば差押も可能ですし、より徴収率は上がると思います。 災害などの周知など、NHKの放送は公…

真田丸第25回「別離」

大谷吉継のダークさが光った回 遅くなりましたが、ようやく見れたので。 今回は、大谷吉継のダークさが光った回でした。 本来であれば、千利休に対するこのような汚れ仕事は石田三成の役割であると思っていたのですが、進んで大谷吉継がやる姿に新鮮さを覚え…

真田丸第24回「滅亡」

戦国大名としての氏政の最期 今回の白眉は、やはり北条氏政の最期でしょう。 真田丸のテーマの一つには、偉大な先代の影で苦労する後継ぎの苦悩というものがあって、その後継ぎがじっくりと描かれることが多いのですが、氏政についてもそのテーマに沿って描…

真田丸第23回「攻略」

追い詰められる氏政と小田原北条氏の落日 かつては東国の覇者として勇名を馳せた北条氏政。 今回はその氏政が、次第に秀吉によって追い詰められていく様が、とても丁寧に描かれていました。 この真田丸においては、戦国時代に置いて大名が滅びるのは善悪では…

真田丸第22回「裁定」

本当に名代だらけの沼田裁定 ついに始まった沼田裁定。 激論を交わす真田信繁と板部岡江雪斎。 ただ、途中で秀吉が中座して、秀次も含めて本当に名代だらけになってしまったのには笑ってしまいました。 中でも、片桐且元が系図や図面を出して説明するシーン…

真田丸第21回「戦端」

なるべく臣従を求めようとする秀吉 教科書では小田原征伐で秀吉は天下を手中におさめたとだけ書かれていますが、今回は真田も絡むだけに、そこに至る過程が細かく描かれようとしています。 基本的に、まずは自己の武力や朝廷の権威などを背景に臣従を求める…

真田丸第20回「前兆」

ダークサイドに堕ちていく秀吉 秀吉の愚行の一つとして名高い聚楽第落書事件とそれを「捜査」する源次郎とがオーバーラップする話。 源次郎の行動それ自体は目立ってはいませんが、天下人へとなりつつあるなかで、ダークサイドに堕ちていく秀吉がとてもリア…

真田丸第19回「恋路」

警戒しながらも茶々のペースに振り回される信繁 今回は、タイトルの通り色恋沙汰がメインの話でした。 特に、警戒しながらも茶々のペースに振り回される信繁の描かれ方が、面白いながらもハラハラしっぱなしでした。 茶々の無邪気な表情の下に潜む影や、柔か…

真田丸第18回「上洛」

ついに上洛を決めた昌幸 信長の時のトラウマか、言を左右にして上洛を拒否していた昌幸ですが、ゴッドマザーおとりさんの言葉でついに上洛を決心。 亡き夫幸隆と信玄時代を生き抜いてきた人の言葉だけに、とても説得力がありました。 このような場面があると…