やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ビジネス

マルフクの看板

日頃利用している近鉄奈良線沿線で、懐かしい看板を発見。 マルフクの看板です。 かつては、全国の至る所にこの看板がありました。 このマルフク、看板にも書かれているように、かつては電話加入権を担保にした貸金業を営んでいました。 かつてはと書いたの…

原因が判明するまであえてゼリア新薬の商品は買わないようにします

当人に対する人格否定と自殺とは、一般論として関連性は高いという印象がありますので、少なくとも、ゼリア新薬側や研修会社は、関連性がないことを万人に納得させられる根拠を提示する必要はあると思います。 今まで起きなかったからという単純な話だけでは…

失敗を起こすのは織り込み済みでしょうしね

残念ではありましたが、一民間企業がビジネスとしてロケット開発をしているわけですから、失敗を起こすのは織り込み済みだと思っています。 国家プロジェクトとしてのロケット開発でも、失敗は多々ありますしね。 むしろ、失敗に対してどう対応するかに興味…

クレジットカード情報の事前入力とキャンセル料の支払いを必須にするのが現実的でしょうね

ホテルや旅館などのネット予約では、クレジットカード情報の入力が必要で直前のキャンセルには料金が発生します。 同様のことを飲食業でも行えればいいと思いますね。 金銭が絡めば、少なくとも無責任な予約は減ると思いますしね。 ただ、飲食業は個人事業者…

事実が判明するまでは日産もサブウェイも不買ですね

確かにそっくりですね。 まあ、同じCM制作会社が作ったのだろうと推測しますが、CMはそれぞれの会社のものですし。 火のない所に煙は立たないとも言いますので、事実が判明するまでは日産もサブウェイも不買ですね。 もっとも、車はもともと買いたくても、家…

重要なのは定型化でしょうね

短い時間で確実に情報を伝達することができなければ、生死に関わりますしね。 だからこそ、考えに考え抜かれたテクニックがつまっているのだろうと思います。 このコミュニケーションの中で重要なのは定型化だと思います。 伝える決まった形があるからこそ、…

何か、江戸時代の「奉公構」を彷彿とさせる話ですね

何か、江戸時代の「奉公構」を彷彿とさせる話ですね。 または、時代小説に出てくる抜け忍に対する処罰とか。 マフィアやヤクザから抜ける人間に対する仕打ちとまで書くのは、さすがに書き過ぎでしょうか? ただ、このような企業の行動が、労働市場の流動化や…

裁判で音楽著作権に関する「前例」が作られることを望みます

他者の音楽著作物で利益を得るならともかく、学ぶために音楽を利用することに対して著作権使用料を徴収することには、今まで違和感を感じていました。 今回の提訴で、新たな「前例」が作られることに期待したいと思います。 著作物に正当な利益が与えられる…

時代の変化から商機が見出せることを証明したのがJR貨物の事例だと思います

長い年月はかかりましたが、JR貨物が黒字化したという話を聞いた時は非常に驚きました。 国鉄からJRになった時に貨物だけが分離されると聞いて、モータリゼーションに押されてやがては縮小していくのかなと思っていたのですが、良い意味で予想を裏切られたと…

どれだけセキュリティ対策を施しても一番のリスクは人間そのものですね

個人情報漏洩を防ぐために、様々な企業においてセキュリティ対策が施されているわけですが。 結局は、悪意を持った人間にかかると、どのようなセキュリティも形無しになってしまうわけですね。 一番のリスクは人間そのものであるということなのかもしれませ…

ネット上の仮想通貨は普及に時間が必要なのではないかと思います

世界経済が拡大し高度化する中で、貨幣もクレジットカードや電子マネーなど様々な形態が生まれてきました。 その延長上にビットコインに代表されるネット上の仮想通貨があると個人的には思いますが、各国政府や貨幣を司る各国中央銀行、ビジネスチャンスと捉…

宅配ピザ屋も安閑とはしてられないと思いますね

急成長で資金繰りに行き詰まるという、絵に描いたような倒産事例になりましたね。 ただ、低価格で宅配ピザの市場に切り込むという手法は悪くはなかったと思います。 宅配とは言え、あれだけピザが高いのは異常とも言えますし。 少子高齢化で飲食業では人手不…

個人情報は漏洩するという前提で対策をとる必要があるかと

クレジットカードの不正利用まで発生しているということで、どのようにクレジットカードの情報をデータベースに保管していたのかというところはとても気になります。 水際のセキュリティ対策をとっていたのかもしれませんが、漏洩を想定して情報そのものを無…

企業内での悪弊が維持される原因にも通じますね

企業内でも同様の事例がありますね。 上司なり先輩なりが言外にほのめかしている下記の言葉です。 「自分たちが苦労したから、後進も同じ苦労をすべきだ」 こうなってくると組織論などは通用せず、単に感情論だけがはびこることになってしまいます。 組織は…

ロボットに仕事を奪われるという話は昔から言われてきましたが

別にロボットに限らず、オートメーション化や情報処理能力の向上などで、これまでにも仕事を奪われた事例というのは枚挙に暇がなかったのではないかと思います。 また、産業構造の変化でこれまでに職を失った労働者も多かったはずです。石炭産業や繊維産業な…

サービス残業をえぐり出すノウハウを蓄積する必要がありますね

残業の総量規制よりも、サービス残業を規制する、あるいはサービス残業を放置する企業を厳しく指弾することの方が大切ではないかと思います。 残業をつけさせないこと自体が悪質ですしね。 現代では、パソコンへのアクセス記録や防犯カメラに映る従業員など…

どこの企業でも起こりうる話ですね

たまたま委託した会社の社員がやらかしたのでヤマト運輸の名前が出ましたが、これは働き手のモラルの問題なので、どこの企業でも起こりうる話だと思います。 モラルというか常識や想像力の問題でしょう。 普通に考えれば、このようなことはやらないと思いま…

訴訟を提起することで逆に社会的評価を低下させたと思います

今回の事例は、訴訟を提起することで逆に社会的評価を低下させただけだと思います。 上場企業が一個人を攻撃するような印象を与えるのは、マイナスイメージ以外の何物でもないでしょうし。 むしろ、その書き込みを逆手に取って、無添加の根拠を公開していた…

なるべく事前に時間指定をするようにしています

ネットでの買い物も多いですが、マイカーがないので、実際の買い物でも荷物が多かったら宅配便で送ってもらうようにしています。 頻繁に配達されるので、事前に時間指定が可能であれば積極的に指定するようにしています。 こんな遠方にわざわざ来てもらって…

モータリゼーションの限界ですね

高度成長とともにモータリゼーションが進み、鉄道による貨物運送は衰退を続けていましたが、ここに来て新たな需要が出て来たように思います。 要因としては、ネット販売の急成長による運送への需要増加が挙げられますが、自動車運送業のドライバー不足が深刻…

後で消費者にツケが回らなければいいのですが

国内の出版社や出版取次、そして書店は、アマゾンに先手を取られっぱなしですね。 あまりにもこれまでの慣習にとらわれ過ぎたのだろうと思います。 現状への安住の成れの果てが、今の惨状なのだろうと思います。 ただ、アマゾンがこうして国内市場を席巻した…

残業の総量規制よりはインターバル規制を優先すべきかと

残業が増える理由としては、生産性向上が評価されない我が国の企業風土に問題があると思います。 まあ、企業風土自体は一朝一夕で変えることは難しいので、強制的な総量規制は現時点ではやむを得ないとは思います。 ただ、個人的には総量規制よりはインター…

特需も良し悪しですね

特需と言えば、大儲けの代名詞のようなイメージがありますが、その後のことを考えると必ずしも良いことばかりでもない気はします。 特需のおかげで得意先向けの対応が出来ずに得意先が離れたり、売上の落差が大きすぎて資金繰りが対応出来なかったりなどと言…

需要が高まれば価格が上がるのは真っ当なことですね

佐川の事例があるのでヤマトの思い通りに行くかどうかは分かりませんが、業界最大手の宅配業者なので、アマゾンも無下には出来ないとは思います。 今回の事例は、いかにネット販売が隆盛を極めたとしても、実際には人の手で運ばれるというアナログな部分は切…

大阪府下3店舗目のららぽーとは堺市東部に

和泉、エキスポシティに続いて大阪府下では3店舗目のららぽーとです。 堺市と記事には載っていますが、場所は堺市東部の美原区なので、実際は松原や羽曳野の近くですね。 堺市美原区は、かつては南河内郡美原町だったところで、平成17年に堺市に編入され…

少なくとも相乗効果をもたらす合併ではないと思いました

普通、合併と言えば、相乗効果を狙って双方の長所を今後に活かしていくものだと思うのですが、この件については、単に店舗網が欲しかっただけなのかなと、どうしても邪推してしまいます。 合併やM&Aで企業規模を拡大することはよくありますが、それでも今回…

吉野家は牛肉だと思うのですが

売上を増やすための企業戦略として進めているのだろうと思いますが、個人的には吉野家で鶏は違和感があります。 やはり、「牛丼の吉野家」ですし。 まあ吉野家は、既に牛以外のメニューを多く出しているので、あくまでも個人的な感情にしか過ぎないのでしょ…

ネットの普及で新しいボトルネックが発生したというところでしょうか

ネットの普及で、自宅に居ながらして様々な商品が注文できるようになりましたが、その分、自宅まで商品を持っていく宅配便に負荷がかかるのは不可避ではあったと思います。 更に送料を無料にしたり、時間指定を行なったりと、サービスを拡充していった結果、…

法曹界にとっては新たなビジネスネタかもしれませんね

なぜ弁護士法違反なのかと思ったのですが、削除の申し立てを本人の代理で行なうこと自体が非弁行為で法律違反になるということでなるほどと思いました。 法律に基づいて行動する時は、法曹関係者に相談する方が堅そうです。 ただ、記事削除を望む人は一定数…

巨大企業の安心感というのは幻想に過ぎないということですね

ステレオタイプな人生設計として、有名大学を卒業して巨大企業に入り、定年まで勤め上げるなどという話がありますが、そんなものは幻想に過ぎないということを再認識させられる出来事だと思いました。 まあ、巨大企業の破綻は今に始まったことではありません…

日本企業は同じ轍を踏んでいるだけかと

かつては家電やパソコン、携帯電話、そして今は書籍。 ジャパンアズナンバーワンにあぐらをかいた結果が、今の現状に現れていると思います。 現状に安住して変革を忌避すれば、どのような組織もやがては衰退していきますし。 既存の出版業界は、今は防戦一方…

火の無い所には煙は立たないですしね

フランチャイザーである大手コンビニ各社は否定しているようですが、仮に明確な指示が無くても、フランチャイジーであるコンビニ各店がノルマを消化せざるを得ない状況に追い込むことは可能ですしね。 火の無い所には煙は立たないと言いますし、証拠は明確で…

これからが本番かも

少子高齢化で労働人口が減少するのは自明なので、これまで人海戦術でやってきた過剰なサービスは近い内に消え去っていくと思います。 これを精神論で補おうとすれば、電通と同様の事件が必ず再び起こると思います。 マンパワーには限度があるということを認…

ビジネスモデルはそれぞれですしね

まあ、オーナーなり社長なりの理念や思想を前面に出す企業はいくらでもありますし、アパホテルもその1つですね。 嫌なら泊まらなければいいわけですし。 ひょっとしたら、アパホテルには客を選ぶ自信があるのかもしれません。 商品やサービスを利用する動機…

20店舗超と聞けば多いように思えますが

20店舗超を閉店すると聞けば多いように思えますが、もともとカメラのキタムラの店舗数は、800店舗を超えていますよね。 800店舗超の内の20店舗超が多いかどうかというのは、意見が分かれるのではないかと思います。 また、業績悪化の末の閉店か、先手を打っ…

中小企業でも事業承継は意識しなければならないと思います

不況型倒産に隠れて目立たなかっただけかもしれませんね。 特に中小企業経営者の高齢化に伴い、廃業は確実に増えています。これは2014年の中小企業白書でも指摘されている通りです。 ただ、廃業の中でも、M&Aなどで事業の譲渡や売却が行なわれた分は問題では…

次は特捜部がどう動くかが焦点になると思います

大企業の経済事件なので、次は東京地検特捜部がどう動くかが焦点になると思います。検察は先に立件は困難と述べていますが、今回の調査を受けて立件が可能になるかどうかというところですね。 東京地検特捜部の捜査に注目したいところです。 まあ、仮に立件…

マネジメントの欠如を人力で補う時代の終焉

価格競争にも通じるところがあると思いました。 顧客や受注を取り込むために無理な商売をすることが、どれだけ従業員にしわ寄せが行くかというところだろうと思います。 少子高齢化の進行で、我が国の経済規模が縮小に向かうのは不可避であると思います。 そ…

この発想は面白いと思いました

紙幣と違い硬貨は両替ができませんしね。 これまでなら余った硬貨は再度旅行に行くまで家で保管するか、帰国時に募金箱に入れるかぐらいしか方法がなかったのですが、これなら持ち帰る硬貨をより減らせますしね。 外国人がより多い関西空港に設置すると、な…

急激に多店舗展開して何年かしたら一気に店舗を閉める飲食店が多い気がします

この店に限らず、ちょっと評判になったら一気に多店舗展開を行なって、何年かしたら一気に店舗を閉める。このようなパターンをたどる飲食店が多いような気がします。 何ででしょうかね? すこし話題になったら、その筋のコンサルに提案を持って来られるのか…

確かに現在かかる費用でもって発電コストが安い原発と喧伝するのはフェアではないと思います

現在の発電コスト以外のコストをどこまで含めるか、未曾有のリスクをどこまで一電力会社が負担するべきかなどについては様々な議論はあると思います。 しかし原子力発電については、放射性廃棄物の処理についての将来のコストについては考慮すべきでしょうし…

いわゆる優越的地位の濫用というものでしょうか

売り手が採算度外視で低価格攻勢をかけるのにも困ったものですが、売り手が半ば低価格を強要するのはもっと困ったことだと思います。 いわゆる優越的地位の濫用というものでしょうか。 これは旅行業界やバス業界に限らず、他の業界にも言えることだと思いま…

あれもこれもと仕事で焦る時に役に立つ考え方かもしれませんね

仕事中に様々な作業を言われて、あれもこれもやらねばと仕事で焦る時があります。 結果として、どの作業も中途半端に終わり、ただ時間だけが流れていた。 往々にしてある話ですね。 集中力が続かないというよりは、作業の優先順位が付けられないだけかもしれ…

生き物の氷漬けはさすがに気分的には良くないかと

これがプラスチックで製作された魚などだったらここまでの批判はでなかったかもしれませんが。 たとえ処分される予定の魚であったとしても、このように氷漬けにして、その上で人が滑るというのは悪趣味の一言に尽きると思います。 環境団体からの反発以前に…

アニメ業界のビジネスモデルが曲がり角に来ているのではないかと思いました

この会社が制作していたアニメをよく見ていたので、民事再生などの再生型の倒産ではなく、自己破産に追い込まれたのがとても残念に思います。 制作したアニメの権利がどうなるかが気になるところです。 ヒットが出なければ長続きしないのは、他の番組制作と…

リスクについて学ぶ努力がこれから必要になるのかもしれませんね

確かに最悪の事態を想定して行動することは必要だと思います 冒頭の記事について、なるほどと思いながら読ませて頂きました。 特に、我が国の国債がほぼ国内で購入されているからこそ、諸外国に迷惑をかけずに既存の国債を減価できるという話はその通りだと…

顧客の暴走は表面的な原因の一つでしかないと思います

これは顧客の暴走というよりは、経営陣の定見の無さのしわ寄せが従業員に向かっているだけだと思います。 同業他社が低価格戦略をとれば同じ戦略で対抗し、市場を一変させるような製品が出てヒットすればその模倣をする。顧客第一のサービスを掲げれば同様の…

いずれはコンビニもこうなるのではと思います

少子高齢化で夜間の人手の確保が難しくなっているでしょうし、そもそも夜間営業の費用対効果の問題もあるでしょうから、時間短縮は今の時代の流れだろうと思います。 おそらくは、コンビニを筆頭に24時間営業を行なっている店は、いずれは時間短縮に追い込ま…

チラシやネット広告の文面の裏を読み取る力をつけたいですね

賃貸とは言え、手数料や引越し費用など、顧客側は少なからぬ費用を払うわけですし、業者には情報公開などで誠実に対応する義務があるのは当然のことだと思います。 目先の手数料稼ぎのために顧客をないがしろにする業者に退場してもらうのは、少子高齢化で縮…

インバウンド向けのホテルと思っていた「御宿 野乃」

仕事の関係で道頓堀近くの堺筋界隈をよく歩くのですが、そこに9月、この「御宿 野乃」がオープンしていました。 ドーミーインの系列だったんですね。 ハングル文字など外国語のチラシを配布していたので、てっきり最近流行りのインバウンド向けのホテルとば…