やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

小説

銀河英雄伝説 Die Neue These 第12話「死線[後編]」

いよいよ帝国と同盟が激突へ 補給線を絶たれ、まさに飢餓状態で帝国軍と対峙することとなった同盟軍。 既に敗北感すら漂っていますね。 ただ、そのような中でもヤンだけではなく、ビュコック提督やウランフ提督の奮闘が丁寧に描かれていたのが良かったです。…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第11話「死線[前編]」

虚空に響く宣撫士官の台詞 意気揚々と帝国領に進攻した同盟軍。 案に反し、帝国領内の占拠は順調に進みます。 そこで宣撫士官は、帝国の圧政からの解放を住民に説きますが、返ってくるのは「食料が欲しい」との言葉。 まあ、どの本に出ていたかは忘れました…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第10話「幕間狂言」

不毛な会議が続く同盟 ついに、あのフォーク准将が登場。 役が神谷さんだったのは意外でしたが、苛立つ言葉を淡々と話すあのフォークの台詞を聞いていて、思ったより違和感は感じませんでした。 神経質さを前面に出した古谷さんとは異なったアプローチですが…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第9話「それぞれの星」

辞めたくても辞められないヤン・ウェンリー 辞める気満々でシトレ本部長に辞表を提出しに行ったヤン・ウェンリー。 当然ながら、シトレ本部長からは却下。 その辺りはヤンの予想通りでしたが、第13艦隊の今後を問われるという不意打ちで返答に窮する羽目に…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第8話「カストロプ動乱」

元帥府に提督たちが勢ぞろい 久しぶりに舞台は同盟から帝国へ。 ようやく、ミッターマイヤーやロイエンタールなどラインハルト麾下の提督たちが勢ぞろいしました。 提督たちのキャラは、ワーレンがいかついと感じた以外は違和感を感じませんでした。 キルヒ…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第7話「イゼルローン攻略[後編]」

シェーンコップの過去とイゼルローン要塞潜入が並行して描かれたのが良かったです シェーンコップら「薔薇の騎士(ローゼンリッター)」連隊が、イゼルローン要塞へ潜入。 制圧までの流れはほぼ原作通りでしたが、そこに外伝で触れられていた、シェーンコッ…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第6話「イゼルローン攻略[前編]」

第13艦隊の幹部揃い踏みともう1人のキーパーソンの登場 イゼルローン攻略の準備の中で、ようやく第13艦隊の幹部が登場。 副司令官フィッシャー准将、主席幕僚ムライ准将、そして、次席幕僚パトリチェフ大佐。 髭面なムライにびっくりしました。軍官僚と…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第5話「第十三艦隊誕生」

被保護者に躾けられる保護者ヤン・ウェンリー 前回の終わりに顔見せがありましたが、この物語のキーパーソンの1人であるユリアン・ミンツがようやく登場。 梶さん演じるユリアンがまんまでした。 保護者を躾けるしっかり者で、今回のユリアンの方が原作のイ…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第4話「不敗の魔術師」

「常勝の天才」に続いて、今回は「不敗の魔術師」 言わずと知れたヤン・ウェンリーの二つ名ということで、丸々ヤン・ウェンリーの物語でした。 父ヤン・タイロンと過ごした子供時代、士官学校の日々、そしてエル・ファシルの脱出行というヤン・ウェンリーの…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第3話「常勝の天才」

石黒監督版の第3話のタイトルは原作通りの「帝国の残照」でしたが、Die Neue Theseではラインハルトの二つ名である「常勝の天才」がタイトルになっています。 次回は「不敗の魔術師」なので、今回と次回はラインハルトとヤン、それぞれにスポットを当てる回…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第2話「アスターテ会戦」

帝国軍のターンから同盟軍のターンへ 第2話は時系列を遡って同盟軍側からの描写で。 第1話と合わせるとアスターテ会戦の全体が把握できるので、効果的な話の進め方だと思いました。 鈴村さんのヤン・ウェンリーはイメージがぴったりでした。「温和な表情で…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第1話「永遠の夜の中で」

さすがに銀河系史概略から始めませんでしたね ようやく放送開始の「銀河英雄伝説 Die Neue These」 高校時代、石黒監督版の銀河英雄伝説を毎回楽しみながら観ていたので、放送を今か今かと待ち構えていました。 今回注目していたのは、小説の冒頭部分の「銀…

銀河英雄伝説 Die Neue Theseの音楽を手掛ける方が決まったようです

銀河英雄伝説 Die Neue Theseの音楽を手掛ける方が決まったようですね。 【解禁情報】本作の音楽を橋本しん(Sin)氏が担当することが発表になりました。PVでも使用されているメインテーマのフルVer(なんと8分超)とコメントを公式サイトに掲載!ショートVe…

JR天王寺駅近くの麺屋和人で極み煮干し醤油ら〜めんを頂きました

年明け早々からあちこちに行っていたので、今年のラーメン初めは下旬にずれ込む羽目に。 馴染みの美味しい店に行ってもよかったのですが、ここはやはり新規開拓ということで、JR天王寺駅の近くにある麺屋和人に行ってきました。 駅の北口から線路沿いを東へ…

アルスラーン戦記最終巻「天涯無限」読了

天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス)posted with ヨメレバ田中芳樹 光文社 2017-12-14 AmazonKindle楽天ブックス7net あの世に行く前に最終巻を読むことができて良かったです 完結まで三十余年。 読み始めた時は高校生でしたが、気がついたらも…

銀河英雄伝説 Die Neue These

ようやく主要キャストやPVが公開されました。 ヤン・ウェンリーが少し若いかなとは思いましたが、ラインハルトもキルヒアイスも声はしっくり来ました。 こうなると、他のキャストにも期待が持てるかなと思います。 登場人物がやたら多いので、掛け持ちのキャ…

いよいよアルスラーン戦記が完結へ

正直、未完で終わるかなと思っていたのですが、ようやく完結に向かうということで。 嬉しい反面、一抹の寂しさも感じます。 ただ、15巻のあの展開からどのようにラストへ持って行くのかが心配です。 個人的には、あと2巻程度は必要だと思っていましたし。 無…

ラインハルトやヤンをどのように描くかに期待です

今のところは、星を見上げるラインハルトらしきイラストが1枚だけ公開されただけですが。 攻殻機動隊などで実績のあるProduction I.Gが手掛けるということで、大いに期待しています。 残念ながら平日なので、9月の発表イベントには行けませんが、そこで発…

「皇国の守護者」の続きが読みたかったのですが

早すぎですね。 新刊から10年以上経ちながらも、「皇国の守護者」の続きをずっと待っていたのですが。 とうとう未完になってしまいました。 とても残念です。

人生に影響を与えた1冊の小説

今週のお題は「人生に影響を与えた1冊」 それならば、私の場合ははっきりしています。 田中芳樹さんが著した銀河英雄伝説です。 スペースオペラとしてはあまりにも有名です。 遠い未来の人類普遍の物語 この作品は、人類が地球から進出した銀河系が舞台で、…

以前ほど読まなくなりましたが

1972年生まれが十代で読んだヤングアダルト系SF・ファンタジー・伝奇小説まとめ 同年代なので、ほぼかぶりますね。 あの頃にライトノベルやコミックに費やしたお金を考えると冷や汗が出ます。 以前ほど読まなくなりましたが、今でも小遣いの許す範囲で購入は…

とりあえず未完にはならないようで何よりです

『タイタニア』、ついに完走しました! - とある作家秘書の日常 今年中に出版されるのでしょうか? タイムスケジュール的には難しそうですが。 ただ、未完で終わらずには済みそうなので何よりですね。 前巻の結末で、作者は田中芳樹なのだと再認識はさせられ…

基本はいかに楽しく読むかというところでしょうか

仕事にも人生にも効く、読書がもたらす8つの効用 : ライフハッカー[日本版] 最近はネット上の情報収集に時間が取られるようになったので、めっきり読書量は減りました。 ただ、この記事にも書かれている通り、様々な効用があるので、時間を作ってどんどん…

あらすじを忘れかけていますが

『タイタニア』第4巻、脱稿しました!: とある作家秘書の日常 前巻から何年ぶりでしょうか? さすがにあらすじを忘れかけていますが。 ですが、ようやくあの展開から時が動き出すということですし、書店に並ぶのが今から楽しみです。

くじら座タウ星と聞いて

「第二の地球」発見か くじら座タウ星の惑星J-CASTニュースより。 くじら座タウ星と聞いて、モーレツ宇宙海賊や原作のミニスカ宇宙海賊を思い出したのは私だけではないような気も。偶然の一致かなとも思ったのですが、太陽系に近い恒星系なので、様々なSF物…

田中芳樹氏の朝日新聞の記事

宇宙を舞台に究極の問い 田中芳樹さんに民主主義を聞く 朝日新聞デジタルより。 田中先生は相変わらずだなと思いました。 国民国家の否定については目を疑いましたが、書かれていた理由を見て納得。 民主主義を標榜する国民国家が戦争へと向かう現実は、確か…

大阪の海鷲

実は、今月の初めに行ってきました。 本当に銀英伝フリークが作ったお店という印象でしたね。 ただ、ラウンジなどが並ぶ場所の一角にあるので、慣れていない人は行きにくいかもしれないですね。 前回はアルコールだけを頼んだので、感想は保留にしました。 …

ザ・スニーカー、休刊へ

[角川書店]「ザ・スニーカー」休刊へ 「涼宮ハルヒ」生んだラノベ雑誌18年で幕 マイコミジャーナルより。 電子書籍への移行の影響か、それともライトノベル自体が転機を迎えているのか。 どちらにも読めそうな記事だと個人的には感じました。 コミックの売…

フルメタル・パニック!の最終章

フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)作者: 賀東招二,四季童子出版社/メーカー: 富士見書房発売日: 2010/07/17メディア: 文庫購入: 22人 クリック: 292回この商品を含むブログ (126件) を見る フルメタ…

化物語(上)を読了

化物語(上) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 37人 クリック: 625回この商品を含むブログ (731件) を見る アニメを観て、原作にも興味が沸いたのですが、色々と積読状態の書…