やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

政治経済

いよいよ平成時代が幕引きへ

いよいよ平成時代が幕引きへ。 昭和時代の62年少しと比べると短いですが、それでも一時代としては十分な長さであろうと思います。 特にネット社会が急速に発達した時代として記憶されるのかななどと思ったりします。 もっとも、後世の評価が定まるのは、かな…

地方の取り組みとしては面白い試みだと思いました

Pokémon GOは旬を過ぎたと思っていたのですが、それでもこんなにも人が集まったようで驚きです。 まだまだ遊び続けているユーザーが多いようですね。 まあ、もっと驚きだったのが、鳥取県という自治体とのコラボが実現したことですね。 もともと、鳥取県の平…

「プレミアムフライデー」というネーミングが誤解を与えたのかなと思いました

初めて、「プレミアムフライデー」という言葉を耳にして、「また、現場を知らない役所が机上の考えで見当違いのことをやっている」などと個人的に思っていたのですが、上記の対談を読んで、ようやく意図がわかりました。 この思いは、もっと喧伝されてしかる…

さすがに70年は長すぎると思っていましたので

この著作権のことについては、アメリカがTPPから離脱して良かったと思っています。 さすがに70年は長すぎると思っていましたので。 著作権者を保護することに異論はありませんが、死後の相続人までを長期にわたって保護することが果たして社会の利益に資す…

IT化よりも一般人でも障害なく訴訟提起できる仕組みづくりの方が大切かと

ネット上での手続きなどが可能になることで、より訴訟に取り組みやすくなるのであればいいとは思いますが、過去の官公庁のIT化を見ていると、正直いまいちな感じもありますしね。 どのようなプランでIT化がなされるかが重要なのだろうと思います。 ただ、IT…

自分の殻に閉じこもっていたら議論などはできないですね

総合すると、他者の意見を聞かずに上から目線で罵倒するという、なかなか香ばしい人物像ができあがるかなと。 特にTwitterのブロックはみみっちいですね。 他者からの耳の痛い話を聞かずに自分の意見を押し通して、どうして多くの人の共感を得ることができる…

昨日の選挙報道と災害報道で感じたメディアと政治家への不信

確かに昨日はとても困りました。 大和川付近に住んでいませんでしたが、生駒山麓に住んでいるので、ひっきりなしにエリアメールが鳴ったり、防災無線のサイレンが鳴ったりと大変でした。 挙げ句の果てに避難指示まで出ましたし。 ただ、そのような状況下にも…

投票に行ってラーメンを食べよう

これは面白い試みですね。 早速、今日投票した際に投票済証をもらってきました。 今月まで行けるようなので、機会を見て行ってみたいと思います。 この写真は、今年5月に食べた一風堂の赤丸スペシャルです。 次は何を食べようかな? 玉子にするか替玉にする…

これが投票率アップにつながればいいのですが

従来の不在者投票制度からこの期日前投票制度に変わって、より投票がしやすくなったと思います。 投票日当日にどうしても用事がある場合がありますし。 逆に言えば、用事を理由に投票に行けないと抗弁はできなくなったわけですが。 今回の期日前投票の動向が…

グランフロント大阪で開催されたふるさとチョイス「ふるさと納税感謝祭」に行ってきました

ふるさとチョイス「ふるさと納税感謝祭」 今日は、グランフロント大阪で開催されたふるさとチョイス「ふるさと納税感謝祭」に行ってきました。 ふるさとチョイスは、日本全国すべての自治体の、ふるさと納税の「お礼の品」と「寄附金の使い道」などの情報を…

投票の棄権は権利の放棄をしているに過ぎないと思います

どのような理由であれ、投票の棄権は権利の放棄をしているに過ぎないと思います。 なぜなら、選挙は我が国の憲法の根幹である民主主義が払わなければならないコストだからです。 今回の衆議院解散も、日本国憲法第7条に則って行われたわけですし、それに異…

第二次スペイン内戦に繋がらないか心配です

スコットランドでは頓挫しましたが、カタルーニャでは独立へ大きく動いたようです。 スペインの中央政府が押さえ込みにかかったのが、かえって逆効果になったのかもしれません。 ただ、スペインの中央政府も黙っていないでしょうし、これからが大変だろうと…

MASTERキートン「屋根の下の巴里」のエピソードを思い出します

最近、この国のミサイルが我が国の上空を飛んでいますが、そのニュースを聞くたびに思い出すのが、MASTERキートン3巻に掲載されている「屋根の下の巴里」のエピソードです。 MASTERキートン (3) (ビッグコミックス)作者: 勝鹿北星出版社/メーカー: 小学館発…

大磯町に給食問題の説明責任はあると思います

普通は、事前に自治体や保護者向けに試食会を開くと思ったのですが、生徒向けには事前には行われていたようですね。 大磯町立中学校給食(スクールランチ)生徒対象 試食会を実施します(平成27年12月11日記者発表)/大磯町ホームページ この時に生徒側から…

自分のことを棚にあげることが信を失なうことにつながると思います

山尾議員の問題については一連の流れを見ていましたが、「自分のことを棚にあげている」ことが信を失なうことにつながっていると私も思いました。 以前のガソリン問題でもそうでしたが。 山尾さんとその相手は弁護士で安保法制などの専門家を自称していたん…

各国の中央銀行が介入するような気はします

いわゆるカントリーリスクというものでしょうか。 爆買いの時の関税引き上げの事例もありましたし、中国に関しては政策変更に伴うリスクは、内外問わず高いとは思います。 ただ、中国に限らず、これからはビットコインに対する各国の介入は強まるとは思いま…

これで政府が現実的な防災対策へ方針を転換してくれたらと思います

ようやく地震予知の困難さがクローズアップされてきました。 もっと早ければとは思いましたが、議論が進むのは良いことだと思います。 これで政府が現実的な防災対策へと方針を転換してくれたらと思います。 地震予知に固執する学者や役所のメンツなど、クリ…

自由な言論を萎縮させるだけの「ネット自警団」

司法においても、未だに数多くの冤罪が生まれている現状を考えれば、「ネット自警団」がどれだけ誤りを産むかは想像に難くないと思います。 誤りを批判するなとは言いませんが、個人が対象を特定することについては、もっと慎重になるべきだと思います。 場…

個人消費の伸びが持続するかどうかですね

個人消費が伸びたというところがポイントですね。 内需が拡大しないと、国内での好景気の実感はわきませんし。 問題はこの個人消費の伸びが持続するかどうかですね。 季節の変動などですぐに落ち込むことがありますし。 落ち込めば、また実感のない景気拡大…

与野党どちらもぐだぐだですね

稲田防衛相は個人的に時間の問題と思っていたのですが、蓮舫代表については予想外でした。 まあ、そこまで民進党自体が統一した行動が取れないということを露呈しただけだとは思いましたが。 いっそのこと、分党する方がすっきりすると思うんですけどね。 国…

ビジネスでは明白な違法行為なんですけどね

今回の話は本当に法令上問題ないんでしょうかねえ? ビジネスであれば、他社の営業や商品などと混同する行為は、不正競争防止法第2条1項1号に定める「周知表示混同惹起行為」に当たるので、明白な法令違反なんですけどね。 まあ法令以前に、有権者の感情…

コンパクトシティ化しかないでしょうね

人が関わっているという点では、街も生き物だと思います。 生き物として考えれば、誕生がある一方で死も当然ながらあると思います。 以前の日記でも書きましたが、人口減少局面では三大都市圏、特に首都圏に向かって人口が流れるため、人口減少のテンポ以上…

今の中国は「共産党王朝」を維持しているだけに過ぎないかと

かつて中国で10世紀に開かれた宋という王朝がありましたが、その初代皇帝である太祖(趙匡胤)は、石刻遺訓(誓詞三行)というものを遺し、自分の後継者たちにこの遺訓を守ることを命じていました。 誓詞三行 一云柴氏子孫有罪 不得加刑 縱犯謀逆 止於獄中…

コンパクトシティの一環として考えるなら意義はあると思います

コンパクトシティの一環として路面電車なりLRTを考えるなら意義はあると思います。 ただ、その際には、都心部への自家用車の乗入れ規制や、路線バスとの連携なども検討する必要はあると思います。 単なるノスタルジーでしかないなら、税金の無駄遣いで終わる…

国政と地方政治とを混同する既成政党の姿勢に違和感を覚えた東京都議選

今回の東京都議選は、都民ファーストの会の圧勝で決まったようで。 大阪府民なので、かつて大阪府・市で起こった大阪維新の会の大躍進とかぶりました。 かつての大阪もそうですが、馴れ合いで地方政治を行なってきたツケが回ったのではないかと思います。 た…

少なくとも「抵抗野党」に政権は任せられないとは思います

単に反対の論陣を張るだけで、なおかつ、採決の際にパフォーマンスでアピールする。 対案をアピールすらできず、スキャンダルの敵失を利用して審議を先延ばしするのがやっとの有様。 これでは、多くの国民がそっぽを向くのは当然でしょう。 大阪で民進党は維…

巷間で言われた政治駅のように単純な話ではなさそうですね

古くから政治駅の象徴のように言われていますが、そんな単純な話ではなさそうですね。 本当に「我田引鉄」が行われていたら、羽島市ではなく岐阜市に駅が設置されていたでしょうしね。 技術的、時間的な制約から名古屋から関ケ原を抜けるルートは既定路線で…

移民についての議論は我が国でも無関係ではないと思います

メディアやネット上でよく使われている「右傾化」という言葉ですが、この言葉が必ずしも本質を突いていると言えないという話でした。 確かに、移民の受け入れという観点からだと、我が国は既に「右傾化」していると言えますね。ほとんど移民を受け入れていま…

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)作者: 野澤千絵出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/11/16メディア: 新書この商品を含むブログ (6件) を見る 最近勧められて読んでみました。 読み進める内に、私も小なりとは言え不動産を所有してい…

マンパワー活用のためにも高等教育無償化は必要だと思います

ミクロの視点では、上記記事の通り高等教育は個人の利益であるかもしれません。 ですが、マクロの視点に立てばどうでしょうか? 我が国の経済に寄与するとは考えないのでしょうか? 少子高齢化により労働力人口が減少するのは、もはや既定路線になっています…