やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

リビア情勢は新たな局面へ

リビアに軍事介入、仏軍がカダフィ派へ攻撃開始
YOMIURI ONLINEより。

我が国の大震災の一方で、泥沼の内戦の様相を呈していたリビア情勢ですが、いよいよ諸外国による介入という新たな局面を迎えました。
カダフィ側の強硬姿勢を支えているのは、「相手を殲滅せんめつしなければ、自分たちがやられる」という恐怖感なのかもしれません。もちろん、それが反対派への攻撃の免罪符になるわけではありませんが。
おそらく、これからは非常に難しい対応が迫られると思います。下手をすれば、イラク以上の混乱がリビアの地で発生するかもしれません。
チュニジア以来の中東情勢のターニングポイントにもなりかねないだけに、しばらくはこちらのニュースも目が離せませんね。