やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ヴァーチャルな情報とリアルな商品との間

広告

マーケティングにおいては早く正確な情報というものが大切ですしね、面白い試みだと思います。
ただ、リアルな商品を商売にしている場合は、調達の方も考えなければならないのが難題だろうと思います。
日々得られる情報から需要を予測し、在庫が過大にならないように商品を調達して行く。
近年の多くの企業が直面している重要なテーマですが、いかにリアルタイムな情報が入る時代になっても、リアルな商品という物質を取り扱っている以上、どうしても需給のギャップは避けられないのではないかと思います。
その調達について、どのような手法を採ろうとしているのかについても、是非聞いてみたいですね。