やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

再び、時代は変わった

広告

売り出す製品の驚異的な粗利益率やハードウェアからソフトウェアまでを囲い込んだ販売戦略などから、早晩このような日が来るとは思っていました。
時価総額や売上でMicrosoftを抜いた時にも感じたのですが、これは一つのビジネスモデルが終焉を迎えたということなのだろうと思います。かつてMicrosoftは、基本ソフトでシェアを拡大し、PCメーカーなどを従属させることで利益を上げてきました。しかし、Appleは今も変わらずにハードウェアと基本ソフトを自社で製造しながらも、その強みを活かすことで、低いシェアの中でもMicrosoft以上の利益を出す企業体質を作り上げてしまいました。
こうなると、シェアの拡大は本当に企業の成長の必要条件なのかと考え込んでしまいます。
企業のビジネススタイルを考える上で、このAppleの経営戦略は非常に参考になるのではないかと思いますね。