やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

多分、一気に読んでしまうだろうなあ

ようやく予算枠があいたので、4冊目までは買っていた「マリみて」の続きを一気に購入。
と言っても買ったのはレイニーブルーまでの6冊なんですけど。
来月から始まるマリみての続編にあわせて読もうと思ったんですが、多分一気に読んでしまうだろう事は想像に難くありません。

と書きつつ、いきなり今日一日でウァレンティーヌスの贈り物前編後編を一気に読んでしまいましたし。(汗)
この二冊は先に放送されたアニメの終盤部だったのですが、登場人物の心の動きとかが更に詳しく書かれていて、アニメのストーリーを更に深く楽しむ事が出来ました。
原作の小説とアニメの両方に触れるのが楽しいのはこう言う時ですね。原作を読んでもいまいち把握出来なかったことがアニメで解ったり、アニメでサラッと流された部分が原作を読むことで更に深く楽しめたりと、様々な楽しみ方が出来る訳で。
メディアミックスについては色々な意見があるようですが、違う角度から作品を楽しめるという点では、私は歓迎すべき事だと思っています。

この「マリア様がみてる」ですが、野郎の私が読んでも本当に面白い作品だと思います。
コバルト文庫だからとか、女性向けだからなどと言って一線を引いている人がいたら言いたいですね、もったいないことをしてるなあと。
ジャンルで壁をつくって、純粋に作品自体を楽しめないのはとても不幸な事だと思いますけどね。
良い作品を純粋に存分に楽しむことや好きなものを好きだと開き直ることは、ポジティブに人生を楽しむにはとても大切なことだと私なんかは思うんですけどね。