やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

未知なるものへの恐怖感

広告

“コーンウォールと香港の放射線量は原発事故の恐怖に包まれる東京を上回っている” 米ブルームバーグ記事全訳 4月1日付

人は本能的に、知らないことに対して警戒心を強く持つ傾向はあると思います。
特に放射性物質は、これまでにもその危険性が喧伝されていただけに、それに対する恐怖感は非常に高いでしょうし、地理的な壁によって正確な情報が届きにくい諸外国にとっては、まさに悪夢とも言うべきものなのかもしれません。
これに対する対応としては、残念ながら特効薬は無いでしょう。
地道に正確な情報を届ける努力と、原発の非常事態を一日でも早く収束させること。どちらも長期戦になりそうですが、それを覚悟で努力をし続けるしか無いと思います。
それにしても、世界のグローバル化によって、情報が広く流通するようになったと言いながら、正しい情報が流通していないという状況は何とも言いがたいところがあります。
まあ、日本国内でも正しい情報が流通出来ていないという現状を考えれば、いかに正しい情報を流通させるのが難しいかが良く分かりますね。