やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

海外メディアの姿勢から感じたこと

海外メディアと言えば、我が国においては敬意が払われる対象であり、お手本のような存在でもあったりしますが、それでもこう言った醜態や煽り報道があったりするのですね。
ただ一方で、そのような動向を冷静に見つめて記事にするニューズウィークのような存在もあるわけで。様々な観点を尊重する姿勢やこのような総括を行なう姿勢などについては、我が国のメディアも見習わなければならないと思います。

客観的な報道といえば。
基本的にメディアが対象にしている視聴者は、情報を得る時間が限られているので、なるべく少ない情報ソースから事実を得ようとする傾向があります。そのためにネット上の情報チャネルも含めて、極めて少ない情報チャネルからソースを得ようとします。そこに、得られない情報から生まれる誤認や誤解が生まれる素地が出てきます。
池上彰氏の受け売りになりますが、メディアからの情報収集の基本は、なるべく多くのチャネルから情報を収集すること、これに尽きると思います。
まあ、さすがに大手紙全部を購読するわけには行かないとは思いますが、せめて気になった記事はネットなどで各紙の論調を確認することで比較をするのも、情報をより正確に把握する上では重要なことなのではないかと思います。
マスメディアやネット上のメディア如何に関わらず、情報は人の手によって加工されてため、どうしても人の視点というものが情報の中に入ってしまいます。そこを踏まえて、より客観的な情報収集が出来るといいですね。