やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

舞-HiME 5th step「雨−−。涙……」

広告

f:id:yaneshin:20160731114247j:plain
さて、ぼちぼちと舞-HiMEの感想をば。

f:id:yaneshin:20160731114109j:plain
雨を前にしてたたずむ舞衣。
どうやら雨と過去の記憶とがオーバーラップするようですね。
しっかり者で快活でクラスメイトともよく話をしている舞衣ですが、それでも弟の唯一の肉親として孤軍奮闘する中で感じる孤独というのはあるのでしょうね。

f:id:yaneshin:20160731114110j:plain f:id:yaneshin:20160731114111j:plain
しかしまあ、女性が揃うとやおい話で盛り上がるのは定番みたくなってるなあと。
が、現実はまったく逆なわけで。
ですが、部屋にラインを引くとは、かなり子供っぽいことをしてますね。>晶

f:id:yaneshin:20160731114112j:plain f:id:yaneshin:20160731114113j:plain
寂しさや悲しさ、様々な感情を抑え切れずに堰を切ったように泣き出す舞衣。
相当いろいろと溜め込んでたんでしょうね。
ただ、そんな彼女を励ますでもなく突き放すでもない祐一の言葉は、今の舞衣にとっては本当に必要な言葉だったんだろうと思います。祐一本人にはその自覚は無かったでしょうけど。(苦笑)
ですが、「頑張れってのは、言うのも言われるのも無責任なんだよな」という祐一の言葉には、ちょっと考えさせられました。
よく鬱病の人に「頑張れ」という励ましの言葉は禁句だと言われるのですが、それはそれ以外の人にも当てはまるんじゃないかと。
安易に頑張れと声を掛けるのは、結局は相手に負担をかけるだけだと思うんですよ。
言われるまでもなく頑張る人は頑張っているわけですしね。
ま、この頑張れという言葉に限らず、人を励ますのは本当に難しいことですけどね。