やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

衝撃と驚愕と怒りと

スーダンの民族大虐殺 数十万の難民が餓死、病死する
海外ボツ!Newsより。

世界の耳目がイラクに集まっている間に、このような蛮行がそのイラクのすぐ近くの国で行われていたとは、正に衝撃の一言につきます。
これほどの組織的な大虐殺は10年ぐらい前のルワンダの大虐殺を彷彿とさせますが、私自身何よりも驚いたのは、このような大虐殺を全然報道してこなかった我が国のマスコミの間抜けぶりですね。
正直言って、ジャーナリストの看板を下ろした方がいいんじゃないかとさえ思いました。

まあ、我が国自身や在外邦人などが絡まないとほとんど動かないのが我が国のマスコミではありますけどね。
そのくせ一度大義名分が出来ると、相手の尊厳などはおかまいなしに徹底的にバッシングをやりますしね。
そこまでやる権利があんた等にあるのかと、時にはどうしても思ってしまいます。
絶対的な正義の使徒でもあるまいに。

………本筋から逸れて、この文章自体がマスコミへのバッシングになってしまいましたが。(汗)
この体たらくを、ジャーナリストを自称される人たちは少しは真摯に反省して欲しいと思いますね。