やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

2004年雑感

広告

最後の最後まで色んな事に追われながら、私にとっての一年も終わりつつあります。
夏を過ぎたあたりから特にそうだったのですが、私にとっての今年は常に色々な事に追われまくりな一年でした。
仕事から、勉強から、そしてプライベートから。
その中では今年中に出来た事もあれば、来年に持ち越したものもあります。
特にプライベートな面では、ウチのサイトに関して正月に掲げていた目標は全て先送りにする羽目になってしまいました。
この辺りは自分の非力さを痛烈に感じております。

ただ、勉強面では目標の一つだった銀行業務検定の法務二級に何とか合格出来たのは良かったと思っています。
その勉強に集中するために、情報セキュリティアドミニストレータの試験は回避する羽目になったんですけども………こちらは来年以降の課題ですね。
ただ、今回の法務二級の勉強を通じて、来年やりたい事を定める事は出来ました。
まあ、何をしたいのかはまだ伏せておきますが。(汗)
来年はその勉強に注力していきたいと思っています。

そして、今年の情勢についてですが。
今年も火遊びが大好きな世襲大統領が大活躍してくれたおかげで、まだまだ中東方面は血なまぐさい事になっています。
そして我が国でも、小泉総理が確実に「国民に飽きられてる政治指導者」になりつつあります。
ただ、どちらも国民によって信任された政治指導者である事は忘れてはならないと思います。
結局はこれから我々国民に降りかかってくる恩恵も災厄も、我々が選んだ結果なんですよね。
そこは肝に銘じる必要があると思います。

一方で今年は数々の天災に翻弄された一年でもありました。
まだまだ我々人類は、自然に対しては弱い存在である事が証明された年であったのかもしれません。
ただ、私たちには過去を振りかえる知恵がありますし、そこから学び取る力もあります。
結局は着実に一歩一歩歩いていくしかないのかもしれませんね。
来年は阪神・淡路大震災から10年。
少しでも今までに犠牲になった人たちに胸を張れる事があればいいなと思いますね。

例によって乱筆になってしまいましたが、ここで筆を置こうと思います。
それでは皆さん、良いお年を!