やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

トムプラス

広告

潮出版社が発行しているコミックトムプラスという雑誌がある。マイナーながら、横山光輝先生や松本零士先生やみなもと太郎先生、そして星野之宣先生に紫堂恭子先生といった豪華な顔ぶれが勢ぞろいしていた。特にみなもと先生の風雲児たち(後に変じて雲竜奔馬)は、歴史を違う面から観るという点でとても役に立った漫画だった。
だが、そのみなもと先生の連載が打ち切り同然に終わり、少し路線が変わったかなという気がしている。この雑誌は今まで、「多少」売れなくても曲がりなりにもオチを付けて連載を終わらせてきた。それが微妙に変わってきている。
やはり商業化の流れには抗しがたいのかとも思う。