やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

大阪府市町村合併推進要綱

広告

思いっきりローカルネタですが、去年の12月に策定された「大阪府市町村合併推進要綱」がネット上で公開されていることを知り、さっそくアクセスしてみました。私が住む町がかかわるパターンは、4つ示されているようでした。
まあ、私は長期的には、日本は連邦制あるいは道州制へと進まざるを得ない状況へと追い込まれていると考えていまして、基礎自治体としての市町村が、合併によって行政サービスを充実できるなら合併は大いに歓迎すべきだと考えています。
ただし、政令指定都市への昇格だけを考えて、今回の要綱を利用して周囲の市町を編入しようとしている某市との合併については、町民として断固反対したいと思っています。私は市町村合併をそのように利用するという発想自体にとても嫌悪感を覚えますし、政令指定都市を目指すという旧態依然の考え方では、これから本格的に到来するであろう本当の「地方の時代」を乗り越えることは出来ないと考えています。
お上から権限を与えられるのを待つのではなく、限られた権限の中でも世界を見据えた都市を構築する、これからの「地方の時代」に市町村が求められるのはこのような姿勢なのではないでしょうか? 少なくとも私はそう思います。

http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/shichoson/gappei/