やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

今月から

広告


MIDIを使用しているサイトへのJASRACによる使用料の徴収が始まっていますね。



まあ、政府の承認を受けて決定されたことについては、国民としては従わなければいけないと思いますが、個人的にはこの方針には釈然としないものがあります。



もちろん、他者が著作権を有する音楽のmp3データを無断で公開するという行為は断罪されてしかるべきだと思いますが、個人的に好きなアーティストの曲をMIDIで作成してデータを公開し、その出来具合を批評してもらうこと自体が、著作権者に経済的損害を与えることに繋がることはないと思います。むしろ、そのようなことで音楽技術を磨くことで将来的にミュージシャンになる人が出てくるという点では、我が国の文化的基盤を支えているものの一つであろうと思います。



JASRACの行為は、それらの文化的行為を破壊しているようにしか思えませんね。