やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

エルサレム、5000年の都


昨日はここの「月姫」というゲームに熱中していたために何も更新出来ませんでした、すいません。

でもこのゲーム、2,500円という値段の割には良く出来ていますね。

まあ見ての通り、未成年な方や女性にはあまりお奨め出来ませんけどね。



今日は歴史群像の新刊が出ていたので、早速購入しました。

やっぱりこのご時世と言うことで、中近東関連の記事が多く掲載されていました。

なかでも「エルサレム」の歴史の記事はなかなか楽しめました。

この記事を読んでいると、エルサレムという都市、そしてカナン、今ではパレスティナと呼ばれる地域を巡って、本当に数多の諸民族の血が流されたということが理解できます。現在のエルサレム、そしてイスラエル・パレスティナの問題は、第二次大戦後に急に勃発した問題ではなく、5000年という長い時間をかけて醸成された恩讐の歴史であるとも言えると思います。



中でも、一番エルサレムが安定し繁栄した時代がイスラム帝国の支配下の時代だったと言うのは、本当に歴史の皮肉だと思います。今でこそ政教分離を成し遂げ、民主主義という崇高な概念を奉じるようになった西洋社会ですが、当時は本当に独善的で排他的な社会だったんですね。



私自身が正しいと考えていたことが180度ひっくり返されてしまう。

これもまた歴史を学ぶことの面白さだと私は思います。

今、世界は激動の時代を迎えていますが、その狂乱に巻き込まれること無く、冷静に社会を見つめる知性が本当に必要なんだなあとも私は思います。

(もちろん、そんなものを私が持っていると思い上がってはいないですが)