やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

間違えた

カレイドスターのBSでの放送は金曜日でした。
うる覚えで書くから、こう言った羽目にもなるわけですな。(汗)

ところで、例のあの火遊びが大好きな大統領が、火遊びがすぎて今度は火消しに回ってるようですね。
開戦時の勢いはどこへやら、と言った感じです。
こうなってくると、逆にクローズアップされてくるのが、あくまでも戦争に反対していた仏・独といった欧州の主要国です。
超大国による苛烈極まる圧力をあくまでもはねつけて筋を通した両国が株を上げるのは、おそらくは間違いないと思います。

それに引き換え我が国は………。
………と嘆くのは簡単なのですが。
まあ、あの超大国の開戦前の勢いを見れば、政治というよりは政争しかやってない我が国の政治業者たちが脅えるのも仕方が無いのかなと思う訳で。
従属的な同盟関係が、ここにきて裏目に出てしまったのかもしれません。

たとえ同盟国であっても是々非々で自国の意見を主張する仏・独と、同盟関係の利益のみに目を向けてひたすら宥和のみに終始した我が国。
この対比を見れば、何故我が国がいつまでたっても国際社会において名誉ある地位につけないかがよくわかります。
もちろん、こんな批判は後からではいくらでも出来る訳ですが。
でも………なんか、やり切れない気持ちです。