やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

それ程対価が欲しいのなら、自立してやるべきだったのでは?

青色LED訴訟、総額8億4000万円支払いで和解・東京高裁
NIKKEI NETより。

まあ、妥当な線かなとは思いました。
件の教授殿は不平たらたらのようですが。

ただ、この一連の騒動で納得いかないのは、自分の発明「だけ」が会社の収益に貢献したという態度ですね。
それだったら、販路を確保するために奔走した人たちや、大量生産を行なうために資金計画を立てて資金繰りに奔走した人たちの立つ瀬が無いんじゃないかと。
結局は様々な人が集まる事で企業というものは成り立っているんじゃないかと思うんですけどねえ。
逆説的に言えば、もしも自分の発明が企業に損害を与えた時に、その技術者はその損害を一定の割合で支払うのだろうか?という疑問も出てきますし。

………まあ、どう書いても、何の発明も出来ないホワイトカラーのひがみとしか受け取ってくれないでしょうけどね。