やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

十年経ったからこそ、忘れてはいけないこと

広告

今日でちょうど、あの阪神・淡路大震災から十年を迎えました。
もう既にあちこちで追悼の催しがなされ、テレビ・ラジオでも特集が組まれたりもしていますが、今振り返っても、すぐにあの凄惨な光景の数々が脳裏に浮かびます。
………いや、もうあの揺れだけは絶対に忘れる事が出来ませんね。大阪にいた私でもそうでしたから、震源地の神戸の揺れの凄まじさは、もう想像を絶するに余りあります。

ただ、十年という歳月は、どうしても様々な記憶を過去の彼方へと押しやってしまいます。
だからこそ、忘れてはならないのですよね。
昨年は、我が国でも多くの天災に見舞われましたし、年末にはインド洋での地震による津波で途方もない多くの人命が失われています。
この大地の上で生きる以上、私たちはどうしても時に自然が見せる脅威からは逃れられる事は出来ません。ただ、備える事は出来るんですよね。
月並みな書き方ですが、この機会にもう一度その事を振り返ってみるべきなんだろうと思います。確かに、常に考えておけるのが理想的なのですけどね。
今一度、家の周りを見つめ直してみる。
今日はそんな日にしたいと思います。