やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

償還完了

今日の引き落としで、ようやく足掛け10年に及ぶ奨学金の返済が完了しました。
大学時代に父が亡くなったために緊急に支給を受けた奨学金だったので、当然ながら自分の稼ぎで返済しなければならなかったのですが、失業したりリストラに遭うことも無かったので何とか無事に返済することが出来ました。
今はやれやれといった気分ですね。

まあ、中途の借り入れでしたし、日本学生支援機構(旧日本育英会)の第一種奨学金で無利子ということもあったので、まだ他の人に比べれば負担は少なかったんですけど。
ただ、私が返したささやかなお金でも、他の学生さんの役に立てればいいなとは思っています。やはり、金銭的な理由で学問に対する門戸が閉ざされるのはあってはならないことですし、金銭があることでいくばくかの自由が得られることもありますしね。
最近はスモール・ガバメント(小さい政府)ばかりがクローズアップされて、国が関わる事業は悪だという論調が蔓延している感がありますが、一方ではこう言った奨学金などという存在があることも忘れてはならないと思います。
いつの世も、機会の平等がなるべく保証される仕組みはあってしかるべきだと思いますね。