やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

AIR 第五話 つばさ -wing-

f:id:yaneshin:20161115234704j:plain

では、今週のAIRの感想を。

f:id:yaneshin:20161115234524j:plain f:id:yaneshin:20161115234525j:plain

前回までの佳乃が主体のお話から、今度は美凪とみちるのお話になるようで。
不思議な雰囲気の美凪と快活なみちる。まさに対照的なのですが、それだけにしっくりとくるコンビなんでしょうね。
星の砂を見上げる時とかに時折見せる、美凪の嬉しそうな表情がとっても良かったです。

f:id:yaneshin:20161115234526j:plain

で、そのままのんびりと話が進むと思っていたのですが。
そこで観鈴の挙動に変化が。
明るい振る舞いの影に、そんなものを抱えてたとは意外でした。
佳乃の時のように、やがては往人に救われるんでしょうかねえ。
この辺りがこの作品のラストに関わってくるのかな、なんて思います。

f:id:yaneshin:20161115234527j:plain

そしてまた、美凪の環境にも変化が。
ここはみちるが何者なのかということも関係しているのでしょうが。おそらくは、次回で謎は明かされるんでしょうね。
が、こういう話の終わり方はあんまりじゃないかと。
続きが気になって気になって仕方がないですよ。

f:id:yaneshin:20161115234528j:plain

そしてまたまた、無理矢理ポテトで締める自分。(汗)
やっぱ、かわええーなー。
………どっかにぬいぐるみは無いんでしょうかねえ。(をい)