やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

もう都道府県自体もリストラの時期でしょうね

46年ぶり越県合併、新「中津川市」で記念式典
NIKKEI NETより。

46年ぶりというと、前回は昭和の大合併の頃ですか。
何というか、昭和の大合併と平成の大合併を経て、市町村の数は激減しているのに、都道府県の数が明治以来全然変化していないのは、不思議としか言いようがないですね。あれから飛行機は飛んでるし、新幹線も走ってるし、何よりも通信手段も発達しているのにも関わらずです。

以前、大学で財政学を専攻していて、特に地方財政に興味があったので、道州制をテーマにして論文を作った事があったのですが、その時に担当教授から言われたのが「ポストが減るから実現はかなり先の事になるだろうね」という一言でした。
この辺りに都道府県改革の難しさが集約されているのかなと思いますね。
天下り先が減る官僚の抵抗、議員の抵抗、そして地場の公務員の抵抗。
まあ、なりふり構わない民間企業のリストラに比べれば、何を甘えてんねんという話にはなりますが、実際に改革が動いていないのも事実ではあるわけで。
この辺りは市町村合併の時の政府の強引さがまた必要になってくるのかなと思いますね。