やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

AIR 第十話 ひかり -light-

広告

f:id:yaneshin:20161115234704j:plain

では、今週のAIRの感想を。

f:id:yaneshin:20161115234616j:plain f:id:yaneshin:20161115234617j:plain

過去編が終わって、今回からはカラスのそらから見た観鈴たちの物語が描かれてます。
一話からのお話では触れられなかった、様々な登場人物たちの行動や本当の気持ちなどを見る事が出来て、とても良かったです。

f:id:yaneshin:20161115234618j:plain f:id:yaneshin:20161115234619j:plain

特に、晴子の心情や行動が細かく描かれていたのが良かったです。
この辺りは往人の視点からでは絶対に見えてこないですからね。
ただ、いつ離れるかわからないから観鈴に親らしいことをしなかっただけではなくて、彼女自身は観鈴の病気のことも考えてもいたんじゃないかなとも思いましたけどね。そして、観鈴も無意識にそれを感じ取っていたんじゃないかとも。
根拠は無いですけどね。
ですが、どんなに血縁的に親子ではなくても、表面的には親子ほど親しく無くても、晴子と観鈴は本当に親子なんだなあと。少なくとも、私にはそう見えました。

f:id:yaneshin:20161115234620j:plain

そして、時は観鈴が生きる力を少しだけ取り戻した後へ。
人の姿を失い、記憶さえもおぼろげな中で、果たして観鈴を救う事が出来るのか。
ここまで、ハッピーエンドであって欲しいと思った作品は本当に久しぶりですね。