やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

予想通りの仮処分命令かと

広告

ライブドアの仮処分申請認める・新株予約権発行差し止め
NIKKEI NETより。

で、ついでにこちらの仮処分命令の本文も読んでみたのですが、「債権者が本件新株予約権発行により著しい損害を被るおそれがあることは明らかである」(管理人註・債権者とはライブドアのこと)と認められたのは、素人目に見ても当然の判断であろうとは思いました。
むしろ、騒動の発端になったライブドアによるニッポン放送株式の大量買い付けが、証券取引法違反にはあたらないと明快に司法当局から指摘されたのは今後の論争にとってはかなり有意義な指摘になったと思います。本文の中で「仮に、明文により規制の対象となっていない取引について、事後に法解釈を拡張することにより規制の対象とするとすれば、市場参加者の予測可能性を欠き、ひいては我が国の証券流通市場の公正性や透明性を損なうおそれもあろう」とも述べられていますが、この辺りは東京地裁もよくぞ言ってくれたと私は思いました。
これで、フジ側によるライブドアの株式取得の「違法性」を攻撃する路線は、ひとまずは頓挫したと言えるかもしれません。

もちろん、今後も異議申立てがありますし、まだまだ決定自体は確定はしていませんですけどね。
おそらくは高等裁判所への抗告まではもつれこむんじゃないかと思いますけどね。さすがに最高裁判所への抗告まではいかないんじゃないかとは思うのですが、ただ、法令上の解釈の重要な事項として許可抗告の申立てが行なわれる可能性は全く無いとは言えませんしね。
まだまだ、この法廷闘争からは目が離せなさそうです。