やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

クラッシュ・ブレイズ第二巻「スペシャリストの誇り」

広告

そろそろ出るかなと思っていたのですが、ようやく店頭にも並び始めたので早速購入してきました。
今回は短編が複数入ったオムニバス形式のようですね。外伝っぽい気もするのですが、まあ、クラッシュ・ブレイズ自体が外伝のような感じもしますしね、それは致し方無いかなとは思います。

今回は「スペシャリスト」という言葉を共通項にした物語が集まっていたのですが、それぞれの主人公が各々の「スペシャリスト」ぶりを発揮していて、読んでいてなかなか痛快だったです。
思うに、茅田先生の作品でよく見かける「特別な人」と「自称一般人」との物の見方の相違は、単に色んな経験をしているかそうでないかの差では無いかと思います。「自称一般人」には全然そのような経験が無い、だから何故「特別な人」がそのように行動するかが理解出来ない、そんな感じですね。
もっとも、こういった見方の相違は、様々な書物を読む事や様々な人の意見を無心に聞く事で、ある程度は補正出来ることもあるのですが………まあ、そんな苦労をするくらいなら自分の見える範囲で人生を楽しみたいというのが「自称一般人」の「自称一般人」たる所以かもしれませんけどね。(汗)