やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

景気低迷だけのせいでは無さそうですが

民放キー局、全社でスポンサー広告2ケタ減
YOMIURI ONLINEより。

確かに景気低迷も一因だとは思いますが、ネットなど他の広告媒体の登場などによって、広告の費用対効果に対するスポンサーの目がシビアになってきているのも大きいのではないかと思いますけどね。
それに、提供する番組を選別している節もあると思います。今までならば、視聴率の高さによってスポンサー料金が決められてきましたが、いくら視聴率が高くても、スポンサーのブランドイメージを傷つけるような番組内容であれば、スポンサー側が敬遠するのは当然だと思います。優良放送番組推進会議によるテレビ番組の評価も、そのような流れの一環であると思います。
まあ、マスメディアによる宣伝効果はまだまだ絶大ではあるので、すぐにマスメディアが没落することは無いでしょうが、マスメディア自身も自助努力を行わないと、これまでの斜陽産業と同じ道をたどってしまうのではないかと思いますけどね。