やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

「テレビ休止」論の本質

夜間電力を節約しても意味がないとでも考えているのかもしれませんが。
ただ、ここで問われているのは、そんなことではないのだろうと思います。
自身に都合が悪い議論に対して、スルーを決め込もうとする姿勢そのものが問われているのではないでしょうか?

スポンサーとの兼ね合いもあるのかもしれませんが、どうも大手メディアは自身に厳しい問いかけには反応が鈍いように思います。
失敗や負けを認めることを恐れているのでしょうか?
ですが、そのように逃げていても、結局は視聴者や読者に見透かされてしまうだけだと思うんですけどね。
もっと、本質を見据えた行動をしてほしいと思うのですが。