やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

国政を担う政党に必要なもの

スポンサーリンク

日本版「緑の党」発足 「原発全廃」で国政目指す
朝日新聞デジタルより。

原発や環境を旗印にするのは結構なことだとは思いますが、国政を考える上でそれだけでいいのかという思いもあります。
原発を考える上で将来のエネルギー政策をどのような方向性にするのかということを示すのは必須でしょうし、これは将来の我が国の経済成長をどのように想定するかとも密接に関わっているでしょうから、経済政策の方向性も示す必要があります。

単に反対だけで済ませて、後はノープランというものであるならば、結局はこれまでの野党や民主党と同じですし、それこそ泡沫政党で終わる可能性が高まると思います。
厳しい言い方ですが。
このままでは、一定の団体からのみの支持に依存する既成政党と同様の道を歩む可能性があるかなと感じます。
もっと、幅広い一般市民に訴求できるものを前面に出す必要はあると思いますね。