やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

どれを優先するかによるでしょうね

広告

富士山の過剰に連なる山小屋の実態、商行為と自然保護が決して結ばれない現実
GIGAZINE(ギガジン)より。

商行為があるということは需要があるわけで、そこで単純に山小屋側や登山客を批判しても仕方がないと思います。
環境保護も含めたビジネスモデルを成功させることでしか、方法はないと思うんですよね。
商行為と環境保護を両立させるのを前提とするならばですが。

それが無理ならば、入山規制をして環境保護を優先するしか無いでしょうね。
ですが、果たしてそれが万人を幸せにする手法なのでしょうか?
あらゆるステークホルダーが考えるべき問題ではあると思いますね。