やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

iPadをデジタルフォトフレームとして活用する

広告

これまでに様々な場所で多くの写真を撮ってきたので、そろそろデジタルフォトフレームで観賞出来るようにしたいなと思うようになりました。
で、Macと連携が可能なデジタルフォトフレームを探したのですが、これが見つからないんですよね。
そもそも、新たにデジタルフォトフレームを購入しても、置く場所に困ったりするなあとも考えてしまいました。
そこで思いついたのが、在宅時にはお飾りみたいになっているiPadをデジタルフォトフレームとして活用する方法でした。
それが可能なアプリが無いかと探してみたら………ありました。
Clock Graphy HD(iTS)というアプリが。

Clock Graphy HDの画面
で、早速ダウンロードしてみました。
写真とともに日時も見ることが出来ればとも考えていたので、個人的にはほぼ満足でした。
BGMとしてiPadに入っている曲も活用できるので、なかなか楽しいですね。

まあ、強いて不満な点を挙げるとすれば。

  • 画像やBGMがランダムに再生できない。
  • 時刻がリセットされてしまう時がある。
  • アプリを中断するとBGMが再び一曲目の再生からになってしまう。
  • 祝日表示を選択しても祝日表示がされていない。
この四点ですね。
ただ、画像についてはiPhotoでアルバムを作ることで代用が可能かなとも思ったりしています。
有料アプリですが、缶コーヒー二本分程度でデジタルフォトフレームの代用が出来るのならば、お安い買い物かと思いますね。