やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

社会には休息の時間も必要なのでは

スポンサーリンク

「都バス、24時間運行に」 一部は年内実施、猪瀬知事
朝日新聞デジタルより。

タクシー業界が猛烈に反発しそうなお話ですね。
ですが、何でもかんでもの二十四時間化は、果たして必要なものなのでしょうか?

人は一日のサイクルで毎日一定の睡眠を取らないと、起きっぱなしではやがて死に至ります。
これは生理的なものではありますが、区切りをつけるということもしないと、精神的に悪影響があることとも無縁ではないと思います。

同じように社会においても区切りをつけないと、生産性が著しく低下するのではないかと思いますね。
二十四時間営業のコンビニや飲食店は確かに消費者にとっては便利ですが、生産性という観点からすれば、果たして効率の良い方法なのかは甚だ疑問ではあります。

利便性と生産性は天秤にかけて考えるべきものなのではないかと思いますね。