やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

円高でも円安でも

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p141102.html

かつて、円高が進行していた頃は、盛んに円安待望論が論じられていたようにおもうですが、いざ円安になると今度は物価高によるマイナス面ばかりが目立つのが何だかなあとは思います。
何事も、急激な為替変動は悪影響が大きいのかなとは思います。

まあ、為替変動で恩恵であれ損害であれ受けるとしても、大企業が下請けをクッションにして利益を極大化しようとする構造が変わらない限り、中小企業の収益力は相変わらず低いままでしょうし、労働者の可処分所得は消費増税も相まって低下は進んでいくだろうなとは思います。
ここから、どのような経済の舵取りが出来るかが実物ですね。