やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

読書よりも情報を分析する高い能力が求められているのではないかと

本を読まなくなったというよりは、原典に当たって検証するという手間をかけないことの方が原因としては大きいと個人的には思います。
インターネットからの情報は、当たり前ですが玉石混交で信頼性の低い情報も少なからずありますし、また、情報発信者のバイアスがかかることで一部の情報だけが一人歩きすることもあります。

だからこそ一つの情報について、鍵となる原典を見つけ、それを読んで本質をつかむ必要があると思いますし、むしろ、鍵となる正確な情報を素早く見つけて分析を行なう能力というものが、インターネットが当たり前に利用される今の時代には必要なのではないかと思いますね。

そのように考えると、物事の判断に必要な情報を収集する手段の一つとしては、読書も有用ではあると思いますが、それだけでは今の時代は不十分だと思いますね。
利便性が高まっている時代だからこそ、より良い情報を分析する多くの努力が、個人にも求められているのかもしれません。