やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

紙であれネットであれ大切なのは品質でしょうね

この池上さんからの耳の痛い話を、きっちりと掲載するところに、この産経の記者の矜持を感じました。

私も、紙のメディアは完全には無くならないとは思います。テレビが普及しても、ラジオや映画は無くなりませんでしたし。
ネット以外のメディアの必要性を全く感じていない人には想像出来ないかもしれませんが、与えられる情報を得るだけで十分と考える人は少なからずいますしね。
そして、ネット上で絶えないデマ情報のように、まだまだネットのメディアは発展途上だとも思います。

そもそも、既存メディアは情報の発信に関するノウハウを豊富に有していますし、それらを無視することはなかなか出来ないと思います。
最近の誤報騒動で叩かれることは多いですが、それこそが既存メディアから発せられる情報に対する信頼の裏返しであるとも思いますしね。

個人的にはネットであれ紙であれ、大切なのは品質であろうと思います。
また、それぞれは対立する概念でも無いと思いますね。
それぞれが持つ利点を活かした情報発信をし、お互いに切磋琢磨すれば、より社会的にも建設的に発展するとは思うんですけどね。