やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

プリンツ・オイゲン

艦これ艦娘として登場してその名が有名になったプリンツ・オイゲン。
この艦名は、神聖ローマ帝国の名将として対オスマン帝国戦やスペイン継承戦争などで活躍したプリンツ・オイゲンことサヴォイア公子オイゲンにちなんで命名されています。
その事績や艦名となった経緯については、上記の記事がコンパクトにまとめられていて分かりやすいと思います。

プリンツ・オイゲンは、イタリアの名門貴族サヴォイア公の一門だったため、プリンツ=公子と称されてました。
正確にはサヴォイア公家の分家カリニャーノ公家の分家のソワソン伯家の五男でした。因みに従弟のカリニャーノ公ヴィットーリオ・アメデーオ一世の高孫が、本家のサヴォイア公位とサルデーニャ王位を相続し、第一次イタリア独立戦争に関わったカルロ・アルベルトだったりします。
本家はイタリア、実家はフランス、勤務地はオーストリアと、なかなか国際的な生涯を過ごした方でした。

尚、このプリンツ・オイゲンは「ソワソンのご令嬢」とも呼ばれていました。
こう書くと、艦これのキャラクターのイメージとダブるかもしれませんが、実際は逆で、母国であったフランスで、小柄で風采の上がらない風貌から軍人向きでは無いと言われ、蔑称としてそのように呼ばれてたそうです。それが誤りであったのは、後の歴史で証明されたわけですが。

当時の指揮官は戦闘の際には先頭に立って戦いに身を投じたそうですが、そのような危険な状況であっても、ついに戦死せずに数々の武勲を立て、天寿を全うしたプリンツ・オイゲンは、艦名に冠せられるのに相応しい名将であったと思いますね。