やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

様々な教訓がもたらされた事案かと

広告


ようやく最高裁でケリがつきそうで。  
ただ、被告の方は退社に追い込まれたりとか色々と大変だったようで、これからどうされるのかなとは思います。

今回の事案によって様々な教訓がもたらされたと思います。  
まずはサラリーマンであっても、突発的な納税をしなければならないという認識をしないといけないということ。普段は源泉徴収制度によって、自分自身で申告をする機会は少ないので、一時所得や雑所得など、どういった場合に納税する必要があるかをあらかじめ知識として持っておく必要はあるとは思いました。  
また、課税対象の解釈は判決が必要な場合もあるというところですね。まあ、今回の事例はレアなケースかもしれませんが。ただ、税務当局の見解が必ずしも絶対ではないということを、今回の事例は示したとも思います。

全般として、税の世界はサラリーマンの私にとっても決して遠くはない話であることを、今回の事例で感じた次第ではあります。