やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

蓄電池電車の可能性

ディーゼル車の代替として注目を浴びている蓄電池電車ですが、従来の架線の活用で更に可能性が広がるように思えます。
蓄電池の性能が向上すれば、より長距離の走行が可能になるでしょうし、色々と面白い活用が出来そうです。

例えば、電圧方式が異なる路線間の相互乗り入れなどですね。
普段はパンタグラフで集電する一方で、乗り入れ先では蓄電池を活用すれば、電圧方式の違いを考えずに相互乗り入れが可能になるのでは無いかと思ったりします。
単なる空想や妄想の類ではあると思いますが、交通網の整備を考える上では面白いのではないかなどと思いますね。