やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

京都散策

京都の文化施設で観賞したい展示があったのと、祇園祭前ということで鉾が見れるかもしれないと思い、電車で京都へ行ってきました。
ルートはいつも通りに京橋から京阪を利用。
特急料金無しですが、乗り心地がとても良いので。

まずは京都市美術館ルーヴル美術館展へ。
ルーヴル美術館は二年前の新婚旅行で見物したのですが、さすがに主要な展示物しか観賞出来なかったので、こうして展示物を我が国で観賞出来るのはとてもありがたいです。
今回の目玉はもちろんフェルメール天文学者だったのですが、昔の欧州などの風俗が描かれた絵画が数多く展示されていて、色々と楽しむことが出来ました。

続いては、京都文化博物館大関ヶ原展へ。
二つのフロアを利用した思ったよりも大掛かりな展示でびっくりしました。
中でも、徳川家康公の馬標、金扇馬標の現物が見れたのが良かったです。さすがに総大将の馬標だけあって、とても巨大でした。
他にも藤堂高虎公の兜など、それぞれの現地でしか見ることの出来ない物が数多く展示されていて、来た甲斐がありました。

最後に四条通で組立中の鉾を見物。
既に組み上がっていた鉾もあり、お囃子も聞こえていました。
祇園祭のハイライトが平日なので、見れないと諦めていたのですが、今回は運が良かったです。