やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

日本のいちばん長い日

昨日から上映が始まったこの映画ですが、今日観に行ってきました。
以下、観た上での感想などをつらつらと書いてみたいと思います。
ネタバレなどを含むところがあるかもしれませんので、まだ観ていない方は、この記事を読んで頂かない方が良いかもしれません。

いつの歴史においても戦争の終結は開始よりも難しいものですが、我が国においては、先の大戦がその最たるものであろうかと思います。
この映画で取り上げられている鈴木内閣の成立から終戦に至る過程については、今もなお、もっと早期終結が可能だったのではないかという論説をたまに見かけます。
しかし、鈴木首相に関する歴史本や当時の様々な文献を紐解いていくと、逆に鈴木内閣でなければ終戦へ導くことが出来なかったのではないかと個人的には思いました。
今回の映画を観て、その意はますます強くなりましたね。

今回の映画は、阿南陸相個人がかなりクローズアップされていました。
この阿南陸相の描かれ方を美化と取るかどうかは個々人によると思いますが、相反する主張に大臣として苦悩する姿や子煩悩な家庭人としての姿など等身大の姿が描かれていて、個人的には好感が持てました。

もう一つは単なる善悪の対立ではなかったという点ですね。
それぞれの行動には動機があり、その動機がしっかりと描かれていたのも良かったです。
若手将校の行動はもちろん責められるべきですが、その行動に至った背景についても思いを馳せる必要はあると思いました。

世の中には戦争に対して様々な意見があるとは思いますが、どのような信条であれ、この映画は一見の価値はあると思いましたね。
戦争を終わらせるにはどれほどの苦労と犠牲を伴うか、だからこそ安易に戦争を唱えてはいけないということを、この映画は教えてくれるように思います。