やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

限られた経営資源でいかに顧客満足度を上げるか

ワンポイントで分かりやすいスーパーホテルのビジネスモデル

最近はパックで旅の予約を取ることが多いのですが、以前は格安チケットとスーパーホテルなどの格安ホテルとの組み合わせで、旅行なり出張なりを行うことは多かったです。
確かに、よく眠ることは出来たように記憶しています。
記事に書かれていることもそうですが、お風呂についても天然温泉か、そうでなくても炭酸泉など、快眠につながるような配慮もされていましたようにも思います。

様々な経営理論や戦略フレームワークはありますが

様々な経営理論や戦略フレームワークはありますが、今回の事例はブルー・オーシャン戦略が割に近いかなと個人的には思っています。
ただ、経営戦略の根底にあるのは、限られた資本をいかに有効活用するかというところにあると思います。様々な企業にとっては一番の課題だと思いますしね。
今回のスーパーホテルの事例は、宿泊の目的の一つである寝ることに焦点を当てたもので、ホテルとしてはオーソドックスな手法だとは思います。

何を売りにするか

他にも、別のものを売りにするホテルが出ても良いとは思いますけどね。
採算を考えることも大事ですけどね。
今は外国人観光客の「特需」はありますが、ずっと続くとは限りませんし。
常に顧客満足度を上げることを考えるのは大切だと思います。