やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

格安でも切り捨ててはいけないものはありますね

広告

平日出発の格安スキー旅行ということで、多くの若い人が犠牲となり、とても残念に思います。
様々な事件が起こる度に思うのですが、私より若い人が亡くなっていくのを見聞きする度に何とも言えない気分になります。
まだまだ生きていたい人も多かったでしょうに。

事故の全容はこれからの捜査で解明されていくのでしょうが、格安ゆえの行き過ぎたコストの切り捨てが原因の一つとして挙げられてはいるようです。
デフレ期に様々な業界で「格安」という言葉が踊った時に感じたのですが、どの業界にもリスクを考えれば決して削ってはいけないコストはあると思います。
特に命に関わるコストは慎重であるべきでしょう。
コストをかけたからといって、100%安全が保証されるわけではないので、リスク自体を軽視する経営者も多いのかもしれませんが、いざ事故が発生すれば即会社の存続に関わるリスクであるだけに、万が一の事案に対する想像力は働かせるべきでしょうね。

格安それ自体が顧客本位ではないと考えます。
本当の顧客本位は、商品やサービスを顧客の期待以上にいかに提供出来るかでしょう。
そして、その中には安全も含まれると思います。
学生や駆け出しの社会人にとっては、格安の商品やサービスは貴重なものですが、その商品やサービスの設計にあたっては、切り捨ててはならないものを切り捨てないようにはして欲しいですね。