やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

責任を指弾するベクトルがずれていると思いますね

広告

まず指弾されるべきは、廃棄を依頼した企業のブランドイメージを利用して自らの利益を図った廃棄物処理業者などであると思いますけどね。
CoCo壱番屋はこれで不正な利益を得ているわけではありませんし、むしろ、ブランドイメージが毀損された被害者ですので、責任を追及すること自体が無理筋だと思います。
このような業者に委託をしてしまった経緯を企業内部として調査を行ない、今後のアウトソーシングの指針として活用することは必要かもしれませんが。

何でも企業を指弾すれば済む話ではないと思います。
事件の原因をしっかりと把握した上で、その原因を追及するということを行なわないと、恥をかくのは指弾した側であると思いますけどね。