やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

このようにネットやメディアで「注目」を浴びるのは良いことかと

アルバイトと言えども労働市場の枠組の中にありますから、賃金だけでなく労働環境などの正確な情報などが与えられれば、仕事を探すアルバイトの行動にも影響を与えると思います。
その結果として、アルバイトを雇い入れることが難しくなれば、企業としても労働環境についても真剣に考えざるをえないでしょう。
そう考えると、このようにネットやメディアで「注目」を浴びるのは良いことではないかと思います。

ブラック企業が成り立つ条件として、安価な賃金や劣悪な労働環境でも人が集まる経済状況にあるというところが前提になると思いますので、その経済状況が好転すれば、逆にブラック企業が苦しくなるのは道理だと思います。
この辺りは市場の均衡というものは、実に面白いと思っています。
まあ、今回の記事のように情報が与えられることが必要条件にはなると思いますが。