やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

テレビ番組の内容を記事にするネットメディアも気になりますが

インターネットの普及以前は、価値ある情報は足で稼ぐことが一般的でしたから、だからこそマスメディアというものはそれだけで存在価値があったわけですが、インターネットの普及で情報が自己発信出来る現在においては、そこに更に付加価値をつけないといけなくなっています。
また、その情報取得の容易さが、いわゆるコピペ記事などを蔓延させているのかなとも思います。まあ、引用したソースを明示すればいいわけですし、一般のブログではそういうことが行なわれていますが、さすがにマスメディアがそれだけをやるのは、手抜きの印象をより強くするだけだと思います。

ただ一方で、ネットのメディアでもテレビ番組の内容を記事にしているものが散見されます。
これも、先に書いたマスメディアの一部の報道姿勢と同根であろうと思います。
結局は、情報の取得も発信も容易になってきているために、これらのようなことが横行していると考えられます。

だからこそ、よりアナログな足で情報を稼ぐ仕事が貴重になるのではないかとも思いますし、その稼いだ情報をより詳細に容易に読者に伝わる記事が、これからは重要になるのではないかとも思います。
情報の量が爆発的に増えた現在、これからの情報発信は質で勝負するしかないでしょう。
まあ、これまでも同じことは言われてきたわけですが。
これまでも言われてきていることだけに、それが根本的な課題なのだとも言えるかもしれませんね。