やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第9回「駆引」

広告

真田家が戦国大名化する過程が描かれ始めました

真田昌幸が腹を括り、出浦昌相が昌幸に臣下の礼を取り、そして、室賀正武に死亡フラグが立ったりと、そろそろ真田が国衆の一人から戦国大名化する過程が描かれ始めました。
その中で迷いに迷う真田昌幸がとてもリアルに感じられましたね。まあ、何でもお見通しのスーパーマンな知将として描かれるよりは観ていて本当に面白いです。
信繁の父昌幸に対する思いの揺れも真に迫ってました。さすがは堺さんですね。

信繁と絡ませた碓氷峠封鎖

碓氷峠を封鎖し北条軍の糧道を絶ったのは史実ですが、これに信繁を絡ませたのはとても良かったです。
主人公補正だとは思いましたが、許されるまで発言しなかった信繁やこれまでの信繁の描かれ方などもあって、違和感は感じませんでしたね。
何よりも兄信幸の本当に嬉しそうな表情が良かったです。
後世信幸は、敵味方に分かれた後でも弟信繁については本当に嬉しそうに話をしたという伝承もあったそうですし、仲の良い兄弟なんだなあと思いました。

急転直下の和睦、そしてあの合戦へ

そして、急転直下の和睦。
さしあたっては北条氏政徳川家康も真田家の敵役ですが、あの和睦の描き方には笑わせてもらいました。徳川家康の「おっしゃー!」のシーンもありましたし、旧来にとらわれない敵役の描かれ方も本当に楽しいです。
個人的には近年に無く楽しませてもらっている大河ドラマですね。
これなら、これから起こるあの合戦も安心して見られるかなと思いました。